2016/05/29.Sun

冷酒のころ (吹きガラス徳利)

IMG_1215.jpg

テキトーに撮ったのでは良さが伝わらないのは重々承知なのであるが、、
ふるい吹き硝子の徳利である。
薄くて細かな気泡やうねりがあって、実物は見ているだけでうっとりである。
でも見ているだけではない、是非とも冷酒に♪と連れ帰ったのだ。
これからの季節、さぞかし冷酒がおいしかろう。

盃も繊細な硝子を合わせてもよいのだが、
あぁ、きっとこれとあれはよい筈だ♪と密かにときめいたのは・・・

IMG_1216.jpg

じゃじゃーん、昨日の白磁の盃@とのコラボレーション。
三毛庵的にはとってもくすぐられる組み合わせなのであるが、
こういうのって個人的なことだから、どこかどうというのは説明できない。
でも、並べているといたく満ち足りた気分になる。

IMG_1224.jpg
徳利の高さ:約10cm)

という訳で、昨夜は盃の飲み心地をさっそくに確認。
小さめサイズの盃も、品よくいただくのには丁度良い気がする。

ちょびっとだけよそゆきの服をきたような、
ほどほどのお洒落感にゴキゲンなる三毛庵であった。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示