2016/07/07.Thu

五色の短冊 (九谷初代武腰善平色絵牡丹文香合)

七夕の宵、久しぶりにそそくさと帰宅する。
子供の頃の自分がどんなことを短冊に書いたか
覚えている筈もないが、「可愛げのない子」と親にも
言われた覚えがあるので、きっとザンネンなことを書いていただろう。
大人になってからの欲望のほうがなんだか分かりやすくなった気がする(笑)。

今週は新しい仕事でへろへろ、、ってまだ大したことなど
していないのだが、絶滅危惧種三毛庵は環境の激変に弱いのである。
そんなわけで、自分のために現実逃避の道を用意する。

密かにお気に入りで、暫く独り占めで楽しんでいた。
アップした画像は、へぇこんなんあるんや、とか、
しょーもなー、とか楽しんでいただけると幸いであるが、
「禁無断転載」とか書いてなかったせいか、
たまに自分もしらないところで見かけることがあり、びっくりする。
そんなことはまあないだろうけれど、自分が意図しないような
使われ方をするとやっぱり困るので、
お粗末な画像でも「禁無断転載」と明記すべきであろうか。。
という訳で、個人的に楽しんでいただけると幸いです♪

IMG_1265.jpg

話が逸れた、初代武腰善平(たぶん)の香合である。
あるお方にお見せしたかったのと、多少なりとも世で参考になるのでは、
と思いアップした。
こちら@のお仲間を持っているのだが、仮暮らしで出すことができない。
九谷庄三を継いだ明治の名工であるが、
三毛庵ごときではなかなか「庄三洞善平」の銘には出会えない。
明治の名工というと超絶技巧のイメージであるが、
善平はじっくりと描きつつ古典的な情緒が備わっていて、
ましてこのようにちびっこだと愛らしさ満点で、で独り占めしたくなるのである。

IMG_1259.jpg

親方の庄三風は彩色豊かな華やかなものだが、
善平は控えめを良しとしたのかなー、と思ってみると
牡丹の葉っぱが五色の短冊(←無理やり)のように塗り分けられ、
淡いけれど意外や九谷伝統の五彩なのである。
そういうことに気づくと、この人って凄いなと改めて感嘆する三毛庵である。
という訳で、自己主張などしそうにない善平翁に代わって
三毛庵が大宣伝するのであった。

IMG_1260.jpg

使われていたようで、開けるとお香の匂いがすっとした。
中には季節を変えて、椿が描かれているところが心憎い。

IMG_1261.jpg
(径6.5cm)

裏には「庄三洞善平」の銘。
あー早くもうひとつの香合と並べてみたいなぁ♪
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(2)
Comment
No title
三毛庵さんお久しぶりです。
善平の丸香合、以前のブログの獅子香合と同手でなんといっても大きさと筆致が好いです。寺井九谷には中々良い作品には出合いません。でもこの作品双方とも素晴らしいの一言です。
Re: isamuisamu2さんへ
isamuisamu2さん、ご無沙汰しています。
善平はやっぱり素晴らしいですね。同手に出会ってとてもうれしかったです。
isamuisamu2さんならお気に召していただけるかな、と思っていたのでよかったです!

管理者のみに表示