2016/07/28.Thu

半人前の夜 (吹きガラスカットコップ)

梅雨が明けたのに何やら天候不順で、難儀している三毛庵。
2,3日体調がよくないのに、今晩は寝付けない。
こういうときは、仕方ない。明日が思いやられるけれど。。

日本人はね、働ける事情の人は働くのんがいいと思うのです。
(もちろん、一般には報酬のない、家事や介護も含めて仕事です。)
だって思うもの、資源の限られた日本では、勤勉なことが資源だと。
(欧米と比べる人の気が知れない。)
贅沢のために働く必要はないけれど、仕事も生活の一部だもの。
だけど、世間でいうように時間単位での効率を上げようと躍起になると、
焦って消耗して、メンタルに影響を及ぼす人も多い。
時間効率はたしかに大切かもしれないけれど、
トシを取ると得手不得手も個性と思えてくるし、出来る管理者って
そういう個性を上手に組み合わせて配置して結果を出していると思う。
努力は必要だと思うけれど、自分の個性を否定するのはよくないと思う。
かくいう三毛庵、管理はキライだし、計画立てるのもニガテだし、
時々ダウンするし、事務処理能力も低い、まぁ社会生活不適合者である。
なので、そういう自分を否定していたころは、心身とても辛かった。
今はもう、そういうダメな自分でいいやと思っているので、少なくとも
こころは健やかである。
ダメな自分を認めてからは、そういうところを人に助けてもらうことも
できるし、得意なところでお返しできればいいや、と思うので、
あんまり卑屈にもならないし、そうするとそれでいい、と認めてくれる人もでてくる。
世間にはパワハラおやじみたいのんもいるから、そううまくいかないことも
多々あるかもしれないが、淡々と自分のできることをすることが重要なのである。
(という訳で、人並みには働けない自分へのエールでした!)

薄く面取りに吹いたガラスコップ
こういう、昭和の初めころかな、きゃしゃなコップにすっとカットしているもの、
今では結構な技術だと思うし、余情があって好きなのだけれど、
例えば氷コップやそば猪口みたいにコレクターズアイテムではないので、
お手軽でついつい連れ帰る。

IMG_1340.jpg

画像がしょぼくてスイマセン!

IMG_1341.jpg

こういう儚いカットの文様って、きっと永遠にメジャーになることは
ないのだろうけれど、私が私が、みたいなヘンな自己アピールのないところが好きだ。

IMG_1342.jpg

このあいだお友達との待ち合わせで見つけた本。
ガラスはこんなふうに撮るのがきれいなんだろうな。。)
ガラスのいろんな系統のものをいっぱいカラーで紹介していて、
ガラスに興味を持ち始めた人には愉しいかと思う。
(『美しい和のガラス』誠文堂新光社)

さて、眠くなってきましたので、ぼちぼち寝ますか。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示