2016/07/31.Sun

残りかすの愉しみ (陶胎青磁豆皿ほか)

猛暑日、夕方に雷雨。
先週買った風蘭の花が萎み始めて、儚いなと思ったけれど、
もう一枝花芽が伸びていたのが咲き始めた。

やりたいことは色々とあるのに眠くて昼寝ばかり、
のんちゃんの風邪がうつったからか。
午前中、久しぶりに骨董市へ。
業者さんが売り買いした後なので、まぁ残りかすを見に行くのだが、
売れ筋のものと三毛庵の好みには当然ズレというものがあり、
「残りかす」にもうれしいものはあるのである。
自分では結構気に入って、ふと、これって業者さんが
買わなかったものなんだよなぁ、と思うと多少自分の好みに不安も覚えるが(笑)。

IMG_1354.jpg
(一辺7.3cm)

青磁のお色って上手く出ないのだけれど、一寸可愛いな、って
手に取ると陶胎だったので、興味をひかれた。

IMG_1358.jpg

芙蓉かな、ハイビスカスみたいなお花。

IMG_1359.jpg

ちびっこなのに、目跡がみっつあって、珉平っぽいもの。
ひとっつしかなかったから残っていたのだろう。
お値段も可愛く、シロートが遊ぶには何ら問題なし。
柚子胡椒でも入れたし。

IMG_1360.jpg
(径8cm)

よくある瓶床であるが、ちびっこがウリである。
それでもないわけではないのだが、なかなかお手頃には見つからない。
普通の人にはジミィなお品であるが、煎茶箱好き三毛庵にはうれしいものなのだ。

IMG_1361.jpg

こんな感じでチビ急須のお伴にと連れ帰る。

まぁ、どれも大したことじゃないのだけれど、一日がゴキゲンになる。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示