2016/09/10.Sat

もう秋に染まる (伊万里色絵猩々文膾皿)

早くに目を覚ますと、いつの間にかすっかり夜明けが遅くなっている。
鉢物の様子を見にベランダに行くと、空気もひんやりとしている。
抜かずにおいた、イネ科の雑草たちが穂を伸ばしている。
昼間の残暑は厳しいけれど、やっぱりもう秋なのだ。
そういえばあんなにうるさかったセミはどうしたろう。
大人になるといろんなことを見過ごしている。

IMG_1460.jpg

ゴキゲンな顔をした、猩々の皿である。
赤ら顔の猩々を薄い朱塗りにし、菊花も赤絵で描いて、
これから本格的にやってくる秋に似つかわしい配色と思う。
紅葉シーズンよりも、その前のこんなスキマの季節によく映える。
釉剥げしてオンボロなのも秋っぽい。

IMG_1457.jpg

ところでこのお皿、以前手に入れたこちら@のお皿と同手である。
強いて言えば、前回のはいかにも色絵っぽく、
今回のほうは朱が利いて赤絵っぽいぐらいの主観の差である。
前にも見かけたことはあるので、それなりにある図柄なのであろう。
ラフ可愛い絵柄がお好みなのと、今回も申し訳ないような
お値段であったので、ついつい連れ帰ってしまった。
3枚のうち2枚、ちょこっとアタリがあるけれど、おうち遣いには問題ない。
枚数があればおかず皿に使えるしね。
(シュッとしてない色絵のお皿を使いこなす力量があればなぁ。。)

IMG_1459.jpg

こんなふうを眺めていると、そりゃあ古九谷の色絵端皿もいいけれど、
おんなじようにこれも素敵だなぁ、と思う秋である。

<備忘録>
鉢物のお手入れをしていたら、春蘭が狂い咲きをしているのを発見!
けっこう立派な花で、香りも春とおんなじよい香り。
今のところ、少し黄色っぽく、丸っこく咲いているかな?
(前回画像→こちら@の一番下の花)

IMG_1477.jpg
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示