2016/11/07.Mon

台所の隅っこで (珉平焼塩壺ほか)

体調が万全ではないので早めに帰宅する。
「この書類を分別して」とのんちゃんに言われているダンボがあるのだが、
気分のいい時でないとシュレッダーの音は聞く気になれない。
代わりに出迎えてくれるのは柱時計氏のコチコチ音。
アナログな機械って、人生の佳きパートナーって感じがする。
ことにこの時計、ずっと昔からこの家にいたかのように馴染んでいる♪
三毛庵は、正時に鳴る音を楽しみにし、またその度に
そろそろお茶でも、そろそろ寝る支度でも・・・と一時が過ぎたことを思いやる。

美味しい紅茶を飲みながら時計の音を聞くのだ、と台所に立つ。
料理は好きなほうの家事であるが、自分が食べたいものを食べられる、
といういやしい根性からである。
新しいキッチンでは凝ろうとか、そういうのんはあんまりないのだが、
ゴキゲンに料理をしたいとは思うので、嫌いなものはちょっとずつ排除した。

IMG_1595.jpg

とある一角、凝った料理は滅多にしないので、割とあっさり。。
ティーポットは佐渡島の無妙異焼のもので、二人分入るのだが、
珈琲を淹れるお湯の温度調節に毎朝使うもの。

IMG_1598.jpg

三毛庵お気に入りの珉平(淡陶)の塩壺である。
味付けは塩胡椒しか芸のない三毛庵、
100均で調味料入れを買おうとしてふと思った、「お砂糖そんなに使わないなぁ。」って。
だったら下処理も含めてよく使うお塩だけ、素晴らしい壺に入れてはどうなのか?
それで気になっていたこの壺を、手を入れて塩を撮めるサイズか確認の上お買い上げ。
使うには多少気を遣うけれど、そのほうが暮らしが雑にならずによい気がするし、
気を遣う以上にゴキゲンになれる。

IMG_1597.jpg

こちらの可愛いトリコロールの調味料入れは「東陶」のもの。
(そういえばキッチンはTOTOである。)
昔買って、いつかこんなのを使う暮らしをするのだ、と妄想したものであるが、
実現に至った今、まだ中身を何にするかは決めかねている。
見た目重視で買ったものであるので、勝手はさほどよくはない訳で、
可愛いので眺めているだけで満足している。

IMG_1599.jpg

これは以前東京で見つけた@たぶん淡陶の海綿入れ?
前々から何かに使いたかったのが、格好のキッチン用品に!
そう、これに輪ゴムを入れるのである♪
輪ゴムって要るときは結構あるんだけれど、なんとなくお見苦しくなるのねぇ。。
その悩みが一挙解決!見た目も可愛く、輪ゴムも愉しく使えるのであーる。

まだ、じゃあお砂糖はどうするのか(今のところ小鹿田で買ったうるか壺が有力候補)とか、
さすがに胡椒を移すのは危険か?(ガラス製の候補はあるので迷ってはいる。)とか、
片栗粉は少量分だけ可愛い硝子の壺に入れようか、など妄想は尽きないのであるが、
あんまり急いても宜しくないので、ぼちぼち勝手を見ながら手を加える算段である。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示