2016/12/10.Sat

冬至まで (赤絵金彩波千鳥文盃・果物文茶碗)

そろそろ水遣りをしてあげないと、と思っていたらざぁーっと雨が降った。
残っていたコハウチワカエデの葉っぱも落葉して、いよいよ冬である。
大雪も過ぎ、次は冬至、、太陽の力が蔭っていくこの季節は、
本能的に心細くなる。

街中は賑やかで、あちこちクリスマスカラーで溢れている。
日本のお正月が松を飾るように、海の向こうではモミの木の
常緑を頼りに冬を過ごすのであろうか。

IMG_1732.jpg

小さな盃をのんちゃんが手に入れた。
この季節に似つかわしい?赤絵金彩(波千鳥だけれどね)。

IMG_1731.jpg

外側も帆掛け船と千鳥の他愛ないけど微笑ましいものである。
こんなので新年にちょこっと一杯、って愉しいかもなぁ。
(近ごろ凄い盃とかへの野望が薄れつつあるような、、
趣味家としてこれはよいことなのであろうか。。)

赤絵のものはピンからキリまでいろいろであるが、
こうやって遊ぶようなものは明治以降の気安いものである。
でもこのころのものには怠惰なところがなく、
こんなポップな?図柄でも、画は生き生きしている。

IMG_1733.jpg

こちらは煎茶碗の離れのがらくただけれど、
2客あったので、煎茶や台湾茶を一服するのに丁度よく。
がらくたとして放っておくには勿体ないような描き込みで、
こういうのって、迷い多き現代人にはきっと描けないなぁ、
って思ってしまう。
柘榴と枇杷と・・・

IMG_1734.jpg

桃かな?

ひと昔前の人って、こんな芯のある画を書いてたんだ、
そう思って眺めるだけで、なんだか有難い気持ちになる。

IMG_1730.jpg

今宵はひとりご飯。
焼鮭の残りがあったので、野菜はまとめて味噌汁で執ることに。
(早く煮えるようにと薄めに切ったキタアカリが崩れてしまった。)
あとは納豆に梅干しの、お粗末だけれど力のつくメニュー。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示