2016/12/25.Sun

ケーキではなく (プレスガラス星文長皿)

気が付けば冬至も過ぎ、陛下のお生まれになった日も過ぎて、
クリスマスの朝が明けた。年末も押し迫っている。

IMG_1761.jpg

取り置きをお願いしていたものを、年を越しては・・・と引き取りに行く。
お茶菓子を出してくださったのだが、お腹がいっぱいであったので包んでいただいた。
可愛らしいクリスマスツリーとサンタの帽子を模った生菓子である。

IMG_1762.jpg

帽子には雪の結晶の印刻に金粉、ツリーは可愛い金の星。
和菓子屋さんの細やかな細工を眺め、よいクリスマスだなぁ、と思う。

IMG_1763.jpg

さて、取り分けていただこうとすると、帽子の下には
可愛いサンタさんが覗いているのであった。

IMG_1765.jpg

ガラスのお皿は、クリスマスっぽいのあるよ、と出していただいたもの。
派手なものではないけれど、お菓子をちょこんと載せると満ち足りた気持ちになる。
こういう無色の硝子のよいところを、うまくお伝えできないのが
いつももどかしいのだけれども。。

(庭の記録↓)
IMG_1745.jpg

グラウンドカバーに連れてきたヒメツルソバは無事に根付く。

IMG_1746.jpg

ガーデンシクラメン(の処分品)は元気に蕾を上げる。

IMG_1747.jpg

斑入りのルブスもちょっと紅葉。

IMG_1749.jpg

今にも霜にあたって枯れてしまいそうな千日小坊(これも処分品!)、
ちびっこな花をつけている。

IMG_1750.jpg

地味な冬の庭も好きな三毛庵であるが、迎春用のお花もスタンバってます♪
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示