2017/01/14.Sat

冬の庭 (九谷色絵雀文鉢)

洗濯をしながら・・・普通ならお掃除でもするものであろうが、
美味しいお茶をいれて朝からブログを書く三毛庵である。

この冬いちばんの寒波到来で、日本海側は大雪の様子であるが、
太平洋側は澄み渡る冬晴れである。
まだまだ「もどき」なお庭であるが、ブログを書き乍ら窓の外を眺めると
白青い幹のアオダモの前、コハウチワカエデの新枝が紅くて綺麗である。
選んだ樹の配置は、庭屋さんにお任せしたのだが、
日当たりの加減や家の窓からの眺めなどを考えて決めてくれた。
樹のことを十二分に知り尽くした、惚れ惚れするプロのお仕事である。

先日、庭を見回っていたところ、義父の遺したしょぼいしだれ梅の短枝に
イナゴが刺さっていてびっくりした。
百舌の早贄である。
今朝も見に行ったがそのままで、百舌は食べにくる様子はない。
葉の落ちる冬は鳥の様子も見やすく、また2月には恋の季節となり
活動も益々活発で、それはひとつの愉しみである。
チビ庭でも小鳥が来てくれるようになるとよいのだけれども。

IMG_1751.jpg
(径:約24cm)

菊が描いてあるので季節は秋なのだろうけれども、
こんな冬晴れの日に似つかわしい雀のをのんちゃんが手に入れた。
(近ごろ三毛庵ものんちゃんも、大きいふるものに対する警戒心が薄れていて
困ったことである。先日ものんちゃんが大ものをゲットし、焦る三毛庵である。
決して収納が潤沢になった訳でもないのだが、あれは収納できるのであろうか。。
でも、そういうものをその辺にころがして、眺めるともなく眺めるのはなかなかに愉しい。)

IMG_1753.jpg

こんな愛らしく装飾されていると、
昔の人も雀との暮らしを愉しんだのだなぁ・・・と思うのである。

IMG_1752.jpg

人も小鳥もつがいは仲睦ましく・・・というような図柄だ。

IMG_1822.jpg

裏のチビチビ庭(正:植栽枡)にひっそり植えた有楽が開花した。
やっぱり有楽にしてよかったな。
侘助というのも好いし、色が他にない、仄かな青みのピンクというのも好い。
ミニマムに華やかである。

(庭の記録↓)
IMG_1814.jpg

先日のバラ咲ジュリアン、冬枯れのお庭にたからもののように咲いてる。
(「マスカットのジュレ」という怪しげなネーミングであったが(笑))

IMG_1813.jpg

高級品の薄黄のガーデンシクラメン、葉っぱもくるんと丸まって本当に可愛い。

IMG_1815.jpg

ここから処分苗シリーズ、一番の出世頭。
花色もこじゃれている上に、寒い中よく咲く株。

IMG_1816.jpg

こちらの処分苗2株も咲き始めた♪

IMG_1817.jpg

勿論これも処分苗!

IMG_1819.jpg

これは早くに買ってしまって、危うく暑さでダメにしかけた苗。
他のものより一回り大きくなって、やっとまた蕾が上がり始めた。

IMG_1818.jpg

下草もこんなふうに紅葉していたり、、ちまちました庭であるが愉しい。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示