2017/02/02.Thu

ファッションではなく (オールドノリタケ花鳥文ナッツボウル)

小心者故近ごろあんまりオークションには参戦しないのであるが、
とはいえいろんなものを見れるので、図録をめくるように愉しんだりはする。
時折、栞を挟むようにウォッチしているうちに、そのまま忘れて了うのであるが。。

で、気づいたらのんちゃんがポチっていた(笑)

IMG_1924.jpg

デコっぽい、ナッツボウル。
いちおうオールド・ノリタケのバックスタンプがあるが、
流石に贋物にもないだろう、といいたいほどのキッチュな絵柄である。
(でも、カリッとした焼き上がりで、キッチュなものではない。)

IMG_1923.jpg
(径11cm強)

まぁ、お値段のほうもこころ優しいものであったが♪
それなのに可愛い!っておトク感満載であるなぁ。

IMG_1926.jpg

ほれ、このインコ?のお茶目なお顔、これだけでももうけもん♪
テッセンみたいな図案っぽいお花、これもお花好き三毛庵のココロをくすぐる。
配色もワルガモ氏@と同じ、当時の特徴的なお色である。

ノリタケといえばずいぶん昔、ちょっとアンティークなぞ買ってみよかな、
みたいなお軽いノリで、ファッションのようにこれを買ったことがあった。

IMG_1925.jpg

まぁなんか、分かりやすい嗜好であった訳であるが、、
お色味とかに当時も自分の好みが出ている様な気はする。
庭の花を切ると、丈がないのでこのような小さな花瓶は重宝するわけで、
また水色は薔薇のような花を挿すのに扱いやすく今でも現役であるが、
でもやはり、インコ氏のほうが三毛庵のスタイルに近しいかなと思ふ。

そうなのだ、ファッションでやっているうちは骨董趣味とは言えない。
スタイルであるのが骨董趣味というようなものの姿である気がする、
三毛庵にとって。。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示