2017/02/11.Sat

定番について (瀬戸馬の目皿)

王道というか大定番っていうのはむつかしいなと常々思う。
本で見たりして、あぁいいな・・・って思うのであるが、
実物を見たときには、皆がいいというからよく見えるのか、
自分が気に入ったのかが、既視感故か分からなくなるのである。
その上評価も定まっているのでお手頃という訳にはいかない。
そんなこんなで、これまで不思議と買ったことのないもの、
というものがいろいろとあるのである。

IMG_1971_2017020823591323f.jpg

馬の目もそのひとつであった。
鉄絵の絵瀬戸はわりに好きなものだけれど、
馬の目は人生初めてのお買い物である。

IMG_1972_20170208235915ea5.jpg

欲しいなと思ったのは、6寸5分と小ぶりで可愛らしく、使い手がありそうだったこと、
その割に馬の目のぐるぐるが勢いのあるりっぱなぐるぐるだったことが理由だろう。
そのようなことが作用してか、先入観もなく眺め、愉しいなぁ♪と思ったのである。
眼というのは見えているようで見えていないものである。

IMG_1969.jpg

実においしそうなぐるぐるである。

も美しいものと思いながら、先にあげたようなことが理由か、
これまで手にしたことはなかった。
でもやっぱり、近くに置き、それがどういうものか知りたいな、と、ふと思った。
手に負えるサイズの、相応の立派すぎない柄のもの。
今時々使ってみて、感触を確かめている。

IMG_1966_20170208235916aa2.jpg

にしてはちびっこなので、こんなふうに塩焼きそばなんぞ
ガツンと盛って、一人悦に入るのである。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示