2017/04/25.Tue

草花のある暮らし (くらわんか手蛇籠文ころ茶碗)

蛇籠といえば護岸工事の資材であるが、
文様としてはなかなかに可愛らしく、風流なものである。
今どきのコンクリートブロックはありがたいものであろうけれど、
人造物も風景と調和していた時代というのが羨ましい。
今や人造物がその人間の手にも負えなくなる時代であるからして。。

IMG_2230.jpg

蛇籠の横に描かれているのは何かな?と考える。
こういう花のつき方は、沢瀉じゃないかな、と思うのだが、
それなら葉っぱは矢尻形だし・・・。
(先日メダカのために買ったナガバオモダカは何と外来植物であった。
園芸植物には外来のものはゴマンとあるので別にいいのだが、
中には在来種を駆逐するほど繁殖するヤツもあるので注意が必要である。)
でも左に描かれた菖蒲っぽい草も、花はかなりテキトーなので、
あまり写実には徹していないようである。
テキトーな文様だけれど、護岸の風景に目が留まった、というような
こころの動きが感じられる、佳い図である。
ちょこっと昔に行って、当時の人の草花との暮らしなど見てみたいな。

IMG_2231.jpg

折角の涼し気な文様であるので、
何かこれからの季節に使いたいものであるが、
冷茶では物足りない気がする・・・冷やし甘酒なんかどうかな~。

IMG_2409.jpg

さて、3球植えたハウエラがどうにか全部咲きそうである。
だめもとで植えた処分品であるので、やけに可愛らしく見える(笑)。

IMG_2407.jpg

原種チューリップの「バタリニー・ブライト・ジェム」は
いっぱしのチューリップの形であるが、まぁ15cmほどの可愛いサイズ。
園芸種のチューリップは暖地ではほぼ翌年咲かないので、
庭に植えようかな、と思うのは丈夫な原種である(小さいしね)。

IMG_2410.jpg

陽が差すと花が開くが、園芸種のチューリップの内側みたいに怖くはない!

IMG_2411.jpg

こちらも処分品なのに立派な苗だったスカビオサ、開花。
(どうしてもピントが合わなかった。。)
日本のスカビオサ、、松虫草のほうが背が高く風情があるが、
西洋の松虫草もこれはこれで可愛らしい。

だけどやっぱり、初秋の美ヶ原に咲く松虫草は泣けてくるよな風景。。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示