2017/05/03.Wed

B品で呑もう (古伊万里波千鳥文覗きと郡上紬袱紗ほか)

ふるもの好きのお酒好きのひとならば、いろんなもので呑むであろうけど、
覗き猪口もそのひとつではなかろうか。
ささっと呑むにはなかなか便利なものである。
とはいえ古伊万里のものなどまだまだそれなりにお高く、
費用対効果という点においては、さほど面白くなかったりするのであるが。

IMG_2425.jpg

そんなわけで、甘手のいわゆるB品的なものなどは、
気軽に遊べるものであるので、三毛庵的にはありかなーとか思う。
それに甘手というのは磁器のカチッとしたところがなく、
土っぽい柔らかさが、ふわっとお酒を呑むのには悪くないのだ。
頑張らなくてもそこそこ美味しいお酒が味わえるなんて、
なんて素敵なことだろう!!(全くの個人的見解。)

IMG_2426.jpg

ダミの効果がちょっとコンニャク印判(ではありません)チックで可愛い♪

IMG_2449.jpg

めっちゃ甘手(笑)。

IMG_2452.jpg

こんなものでも、ちょこっとふるものを買ってみる、っていうのは
悪くないとおもうんだけどな。

IMG_2427.jpg

下に敷いた袱紗は郡上織(郡上紬)。
入っていた箱からして、昭和のものと思われるので、
もしかするとまだ人間国宝の宗廣力三氏が指導されていたころのものかもしれない。
どうということのないものであるが、これもあるとちょこっとうれしい。
2つあって、それぞれ雰囲気が違ったので両方せしめる。

IMG_2424.jpg

黒っぽいほうはシックなので、ちょっとおされなガラスなどよさげ。
(のんちゃんのショットグラスを拝借。)

IMG_2415.jpg

「ジュリア(ジュリアズ・ローズ)」が咲いた!!

IMG_2431.jpg

IMG_2437.jpg

IMG_2441.jpg

IMG_2446.jpg

今のところ剣弁高芯のハイブリッド・ティーローズはこれだけである。
あとはほとんどオールドローズとかランブラーなので、
ひとつぐらいこんなかっこいいのんはありかな、と思う。
ミルクティー色が独特であるが、香りがほとんどないのが残念といえばまぁ残念。
あとは、あんまりタフではないというところか。

(↓お庭の記録)
IMG_2418.jpg
サイコーに楽しみな、ルゴサ系の「ベイシーズパープルローズ」の蕾。
蕾も葉っぱも枝も、どれも魅力的な薔薇である。

IMG_2413.jpg
「サレ(サレット)」もモス(苔)ローズで、花以外も魅力的である。

IMG_2442.jpg
今朝はだいぶ蕾が大きく、、。
あまりバラ色の薔薇を持っていない三毛庵であるが、
サレは普通にバラ色なのが可愛い薔薇だと思う。

IMG_2420.jpg
例によって、処分苗だったローズゼラニウムが開花。
再生した処分苗はひときわ可愛いものである。

IMG_2434.jpg
前のお庭から持ち越したつりがね草が健気にも開花。

IMG_2422.jpg
ここから蕾が上がるのかな?夏椿。

IMG_2419.jpg
個人的にはハナミズキより日本産のヤマボウシがお好み。

IMG_2444.jpg
伊予獅子てまりはアップで撮ると立派な紫陽花に見えるけど、
ヤマアジサイであるので小さくて華奢でよろしい。

IMG_2443.jpg
ヘビイチゴに紅い実。
お庭の通路のアクセントになっている。
食べても問題はないが、不味い。

IMG_2445.jpg
最近植えた処分苗、西洋オダマキ「ノラ・バロー」。

IMG_2448.jpg
ちゃんと定価で買った西洋オダマキ「ブラック・バロー」。
春までに定植したので、ノラバローよりずっと大きい。
でも、何故か一重で咲いているけれど。。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示