2017/05/09.Tue

ごはんという贅沢 (伊万里染付飯茶碗)

連休は用事やら何やらで結構忙しく、すっかりお疲れである。
サラダじゃない野菜が食べたいなーと思い、平日には珍しくお味噌汁を作った。
手軽に煮野菜が摂れて、低血圧の三毛庵には必要な塩分も摂れて、
でもってやっぱりお味噌には底力があるのである!

IMG_2495.jpg

あっ、コレ普段遣いにいいなー♪というと、のんちゃんに
「普段使い」いっぱいあるやろ、と突っ込まれる、、そうでしたか(笑)。
蓋もないし、このようなものはついでに置いてあるようなお店であるからか、
タダも同然の値札が慎ましく貼ってあった。
そりゃあなくても困らない、、でもこんなささやかなものが旅にはうれしいのである。
きっとごはんが美味しいだろうな~ってすぐ夢見てた。

IMG_2497.jpg

幕末ごろによくある線描きの、珍しいものでもないのだけれど、
しっかり焼けて、発色もよく、白ごはんのためにあるようである。

IMG_2498.jpg

お茶碗を選んでごはんを食べるとは贅沢なことであるが、
ごはんが3倍おいしくなって、一日の疲れも取れていうことなしである。
(高級宿でご馳走食べる分をふるものに使ってしまう三毛庵であるが、
高級宿のごはんより美味しいものを食べているつもりなのである。)

IMG_2496.jpg

連休に素敵な画を連れ帰った。
家に来た友人には呆れられたが、佳い画というのは懐具合に関わらず、
ご縁がないと連れ帰ることはできないのである。
まぁ、お代を積めば連れ帰れる画というものはたくさんあるのかもしれないが、
そういうのんは、あまり三毛庵のお好みではない。
好きな画を持ち帰ることのできる『ご縁』というのは、
ものをどれだけ愛してきたか、そしてこれから愛せるかがものをいう世界なのだ。

なのでまぁ、三毛庵の自慢といえば個々の絵云々というよりも、
彼らが自分を選んでうちにやってきた、そのことなのである。
ものに持ち主として選ばれることより誇らしいことはないのであるからして。

IMG_2494.jpg

雨が降るというので、咲き誇っていたジュリアを思い切ってカット。
とはいえ、剪定位置を気にするのでこんな頭でっかちの切り花に。
こういうとき、ふるい硝子の盃洗とかアイスペールがちょうどよい花瓶になる。

薔薇の季節の始まり。
ジュリアの次にモスローズのサレ(サレット)が開花。

IMG_2481.jpg
モス(苔)っぽいのが可愛いけれど、花も佳いと思う。

IMG_2479.jpg
ロサ・ムンディ(ロサ・ガリカ・ベルシコロール)も開花。
どちらもホームセンターにもよくあるオールドローズであるが、
普及している品種って育てやすくて普遍的な美しさがあるものだ。

IMG_2484.jpg
ミニバラの星の瞳。
少し弱そうなのが気がかりであるが、この季節は何気に咲くのでよい。

IMG_2486.jpg
ブラッシュ・ノワゼット・・・たぶん(笑)。
買ったときにはカーディナル・ド・リシュリューの札がついていたけれどね!
(なんだか葉っぱも蕾もガリカっぽくないなぁ・・・と思っていたら。。)
ホームセンターの苗は時々札違いがあるのが難点であるけれど、
ブラッシュ・ノワゼットは前も育てていて好きな薔薇、
育てやすくてよく咲く、これも佳い品種であるのでご縁かな、と思う。
窓からよく見える位置に地植えしたので、返り咲くこの品種でよかったかもしれない。
この花のお色はソメイヨシノのような透き通る淡いお色である。

(↓お庭の記録つづき)
IMG_2488.jpg
ヤマボウシ。

IMG_2492.jpg
クレマチス「アフロディーテ・エレガ・フミナ」。

IMG_2466.jpg
姫月見草と斑入りのベロニカ。

IMG_2467.jpg
何だろ、小っちゃいペチュニア?
(こういうのはあまり買わないので忘れる・・・
サイボーグのように咲きまくる花というのもいまいち趣がないけれど、
玄関とか、人様向けにきれいにしておくようなところにはありがたいものである。)

IMG_2472.jpg
ナガバオモダカ。

IMG_2473.jpg
蚊蓮草。ローズゼラニウムよりもうすこしずんぐりした感じ。

IMG_2493.jpg
小川キキョウ。

IMG_2491.jpg
「サレ」は勝手口に大きな鉢植えにしている。

IMG_2489.jpg
「ロサ・ムンディ」も同じく。
薔薇には鉄板の青い花、ラベンダーとチェリーセージ。
チェリーセージは基本色の紅いのが可愛いと思うけれど、
薔薇に合わせて青い色を買ってみたのであるが。。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示