2017/05/27.Sat

仕舞いのばらに (吹きガラス水差)

1年目というのに、マニントン・モーヴ・ランブラーはたわわに咲いた。
切り詰めた大苗であったので、健気にも地際で咲き、
水遣りの度に泥がはねるのが気の毒で、休日ならば見てあげられるからと、
先週思い切ってひと枝を部屋に飾ることにした。

IMG_2574.jpg

ひと枝でこんなにいっぱい!!(オカイドクなばら♪)
あまりにあたまでっかちなので、何か口の小さい器をと見つけたのは、
吹きガラスの水差し。
ふるい硝子に弱い三毛庵、ついつい求めながらも、
水差しってあんまり使い途もないかなぁ、、などと思ったものだが、
こうすればよかったのだ♪
ばらもきれいだし、水を蓄えた水差しもきれいでゴキゲンである。

そのうちに、ばらの季節は仕舞いになり、
ぽつぽつと咲く、ベイシーズ・パープル・ローズと
どんどん咲くブラッシュノワゼットが咲き残った。
夏椿ももうほとんどの花が散ってしまった。
そうして、意外にもなかなか咲かなかった、香りのミニばら、
スイート・チャリオット(シャリオット)だけが一斉に咲いた。

IMG_2593.jpg

以前挿し木の苗を育てていたことはあったのだけれど、
接ぎ木の苗だと、こんなに見事に咲くんだなぁ。。
葉色とのバランスもよくて、ゆったり咲いてほんとによい品種。

今週は梅雨の走りの雨がたっぷりと降り、乾いていた庭を潤したけれど、
朝外に出ると、雨の重みでしなった花が・・・。

IMG_2603.jpg

スイート・チャリオットは折れそうなほど項垂れ、
処分苗を庭の隅に植えたデルフィニュームはなんと、花首が折れていた。
なのでけちぃ三毛庵も、切って飾ろう!と思い切ったのだ。
デルフィニュームは庭の目立たないところで咲いていたから、
部屋に入れてあげてよかったのかもしれない。

庭は、紫陽花の季節へ遷り替わろうとしている。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示