2017/05/28.Sun

時を「知らせる」 (ユンハンス社置時計)

家に柱時計@がやってきて、便利だなぁ・・・と思ったのは、
やはりぼんぼん鳴るところである。
三毛庵はテレビもつけていないことが多いので、
時を知らせてくれるのは、予想以上にありがたいのだ。
(「時を知らせる」という表現は、時計が鳴るものであることを示しているのか?)
もちろん夜中も鳴って、たまに寝付けないときにああ○時か、
などと暗闇の中で思うこともあるが、普段は特に気にならない。

とはいえ、これはやりすぎか?と思ったのは・・・

IMG_2600.jpg

こちらの置時計も鳴ることである(笑)。
ふたつとも、テキトーに遅れたりしながら、テキトーに鳴っている。
こちらは独逸のユンハンスのものとのことで、
柱時計が日本的な湿り気のある音で鳴るのに対し、
乾いた音で小さな鐘のように鳴る。

掛け時計にしろ、置時計にしろ、今の時代困るのは、
これぞ時計!というようなものがないことである。
ちゃんと機械で、品の良い木味の枠で、などと思っても
そんなものはないのである。
なので、昔の時計が普通に手に入ってちゃんと動く、というのは
大変にありがたいことなのだ。
時計はのんちゃんが連れ帰ったものであるが、
今の時代にナットクのいく時計がないことを不満に思っていた三毛庵は
このナイスなお買い物に、拍手喝采なのであった。

IMG_2599.jpg

ユンハンスの隣のお花は、またも「咲き進み」のお買い得品である。
コガクウツギというやつで、八重なのでおそらく「花笠」という品種ではなかろうか。

IMG_2601.jpg

このような魅力的な花が蔓に咲く、という素晴らしいアイテムである。
綺麗にリース状になっているので、のんちゃんはしばらく飾ったら?
というのであるが、来年の蔓が伸び始めているのが三毛庵的には
気が気ではなく、早く地植えにしようと目論んでいる。

この週末も爽やかな五月晴れとなったので、お庭のお手入れを・・・。
冬から春をずっと楽しんだビオラもそろそろ仕舞いである。

IMG_2617.jpg

ほんとうは、まだすこし楽しめそうだったのであるが、
代わりのものを植えるため、思い切って抜いた。
(いつもあともうちょっと、と決断が遅れるのであるが・・・。)
咲いている部分だけを綺麗に整理して、花瓶にぎっしりと挿す。
(飴細工みたいな花瓶は昭和のもの、こういうものはまだ安価でよろしい♪)

IMG_2609.jpg

まだ株の小さい、ヤマアジサイ「藍姫」が咲いてきた。
やはり花付きがよい品種なのであろうか。
藍姫というぐらいだから青系なのだろうけど、ちょっと赤みがかっている。
造成したての塀際に植えたので、アルカリだったのかな?

IMG_2616.jpg

去年処分苗を植えた常山アジサイ。
粒々の蕾がいっぱいついていて、たいへんに可愛らしい。
(青い実もなるらしいので、それもまた楽しみである。)
二株別々に植えたのだが、一株はゆったりと横張りで、
もう一株はコンパクトでやや立性である。
これは挿し木ではなく実生なのか?

のんちゃんが草むしりをして、「ドクダミに花までついてた」と
見せてくれた。可愛いのでもらって挿しておくことに。

IMG_2619.jpg

庭では自由に生えてきて、抜くと臭くて迷惑なヤツであるが、
テキトーに挿してもばっちり決まる、とにかく草姿のよい植物である。
こういうのを見ると、上手にリースに仕立てたコガクウツギは
すこし窮屈そうで、自然の姿には叶わないなと思ってしまうのである。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示