2017/07/09.Sun

夏草 (初代八十吉の細々)

過日、花屋さんの前を通ったら七夕の笹が売られていた。
七夕飾りなど、久しくしたことがなかったけれど、
思いついて、飾りつけをした。

IMG_2729.jpg

七夕の日は曇りの予報であったけれど、夜にはうっすらと星が出た。
都会の灯りと満月に近い月の光で、星空というにはほど遠かったけれど。。

IMG_2738.jpg

庭では夏草が茂る。
昨秋植えた、斑入カリヤスも穂を上げ始める。

IMG_2728.jpg

部屋の中も気持ちだけ七夕飾り、、四宝とはいかないけれど、
文房具を並べてみた。

IMG_2732.jpg

水滴と永楽写の筆、初代徳田八十吉になる。
絵付の上手いやきものの作家さんというのはたくさんいるのだけれど、
なかで八十吉に惹かれるのは、文人の香りがすることである。
もっと上手い作家さんもいるし、古九谷や吉田屋のような古典もある。
それらと較べることはできないけれど、
八十吉の絵付には、技術的なことではない「何か」があるように思うのだ。
それはどういうことかと言われると、人としての奥行きとでもいうのだろうか。
では、他の人に奥行きはないのかと言われればそうはいえないだろう。
だから個人的に何処か共鳴するものがある、ということなのかもしれない。
(畏れ多いが。。)
三毛庵にとっては、そういうところが他と区別されているのである。

IMG_2726.jpg

お菓子も八十吉で畏まっていただく。

近所のスーパーへ買い物に行くと、物産展をしていた。
気の置けないご当地のお菓子が売られていて、愉しい。

IMG_2733.jpg

お茶請けに、金沢の十字屋さんの「福くるみ」を買う。
最中に胡桃の飴煮が入っているだけのシンプルなもの、
ちょこっとつまむお菓子というのは、凝りすぎない控えめなのがよいものだ。
長沼焼の印判に載せて、お茶は水出しの野生茶を。

IMG_2731.jpg

庭ではぽつりぽつりとブルーベリーが熟し始める。
今年はちょっとずつ採れるぐらいだだろう、樹が大きくなるのが楽しみ。

IMG_2739.jpg

ホームセンターでホスタ(ギボウシ)の「ハルシオン」を買う。
ブルー系の古典的品種で、ずっと前から売られていたのだが、
3芽すべてから蕾が上がってきていたので、花付きがよいのかな?
と買ってみた。
(ネットの情報では花付きはそれほどでも、というのもあったが、
古典的品種というのはだいたい性質が優れている、ということを期待。)

IMG_2734.jpg

葉っぱは売り場で少し傷んでいたけれど、元気な蕾♪

IMG_2737.jpg

庭ではアナベルが咲いている。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示