2017/07/10.Mon

吾愛夏日長 (不染鉄展)

内覧会に行ってから、書こうと思い乍らなんだか眠くて昼寝ばかりしていた。
不染鉄の展覧会「没後40年 幻の画家 不染鉄」のことである。
7/16の日曜美術館のアートシーンでも紹介されるらしい。
(三毛庵的には特集を組んでもらいたい勢いなのであるけれども。)
不染鉄の特異な経歴や独自の視点については、
もう沢山の方が書かれているので書くことはない。では何を?

鬱だった6年間について、三毛庵は経験のうち、などと思うことはできなかった。
目が覚めると昨日と同じく希望がないことに絶望する日々、
そのことを肯定することは今も難しい。
でも、鬱から回復したとき、見える世界が何もかも美しく、
一瞬一瞬が輝いているのに三毛庵は日々驚いたのだ。
そんなある日偶然見かけた不染鉄の絵、
それにはその「何もかも」が描かれていることに驚いたのである。
思えば、そのことは無為な6年間を吹き飛ばすほどの強い衝撃なのだった。

鬱より後の三毛庵は、自分に背くようなことをだんだんとしなくなった。
そうしていつの間にか、毎日が美しいと思える暮し方が傍にあるのだった。
考えてみれば不染鉄は、最初から自分に背く生き方などしなかったのだ。
だから彼の眼に見えるものは美しく、何もかもが驚きに満ちていた。
私が無為だと思った6年間はそのことを肝に銘じるための年月だったのだろうか。

それからの私は、不染鉄の絵の虜になった訳を知ろうと
駆けずり回ったのである。
絵は好きではあったけれど、それまでは客観的に美しいとかそうでないとかを
ただ「考えて」いたように思う。
今は、「美しい」とおもうこころに「客観」というものがあるのかどうかが分からない。
自分にとって絵は(不染鉄は、と言ってもいい)「そう見えるもの」、「主観」なのである。
好きだなと思う画家の絵は、見ていると自分の眼がその画家の眼に
すり替わったようになり、普段見えていなかったいろいろが見えるのである。
狭い自分の固定観念が見せる世界を、画家の眼は一瞬にして飛び越える。
今はもう、鬱が回復した頃ほどには世界はきらきらしていない。
けれどそうやって画家の眼を借りたときには、再び世界は眩しくなるのである。
若いころには歳をとれば感性もすり減るのかと思っていたけれど、
世界が瑞々しくは見えなくなったときに導いてくれるのが画家であり、
そのときに歳を経た自分の経験が眼の前で美しく蘇るものなのだと知ったのである。
(絵について書いた本は多いが、そういう見るときのこころの動きについて
書かれている本は少なく、洲之内徹などはなかで夢中で読んだものだ。)

個人的なことばかり書いてさっぱり展覧会の説明にはなっていない。
なので自分のための備忘録として、思ったことを書いておく。

最初の「暮色有情」「夕月夜」「月夜」。
このころから、彼の「人恋しい」ような作風がよく出ている。

「秋声」「林間」
ほ、欲しい。。(お家好き三毛庵。)

「雪之家」
可愛らしい雪景色の家。
法隆寺蔵ということで、なんだか納得した。
法隆寺の宝物ってほんとうに愛らしいものが多いけれど、
不染鉄の絵も持っていて、それがこんなに愛らしいことに感激する。

代表作「山海図絵」には富士の向うに日本海まで描かれているが、
それが奇をてらったものでないことは、この絵の契機となった
旅のスケッチ(「伊豆風景」)で分かる。
スケッチというのに、このときにもう富士の向こうに日本海を描いているのだ。
スケッチしているうちに、旅した遥か日本海が思い出されたり、
大島で暮らしたころ海に潜ってみたお魚が思い出されたり、
彼のこころの動きがそのまま描かれているのである。
ほんとうに、山海図絵は彼の世界(コスモス)そのものである。

「思出之記」(第8回帝展出品作)
今回新発見のこの絵巻が圧巻。
不染鉄は、そのあたたかな作風のせいであまり気づかないのであるが、
実に腕が確かなのである。
上手い画家というのは要注意なものであるが、不染鉄の場合寧ろそのことに気づかない。
京都の絵専時代に一遍上人絵伝を模写していたというだけあって、
死んでいる線がないと思う。
まぁ、そういうことは枝葉のことではあるけれども、、。
ともかくも、この新発見を見ることができて感激!である。

さて、まだ展覧会の始めのほうしか書けていないのだけれど、
今日は眠くなってきたのでこれぐらいにする。
できたらまた続きを記録したいものだけれど。。

IMG_2723.jpg
お買い得球根セットに入っていた百合が咲き始める七月。

IMG_2722.jpg
モスローズのサレットが返り咲く。
薔薇は春に咲けば十分な三毛庵であるが、
こんなふうにたまに咲いてくれるのも無性に愛らしいものである。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
絵のこと | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示