2017/08/16.Wed

納涼額縁 (ちょい古の額縁とアルフォンス・イノウエ『見えない力』)

気付けばもう2週間ほど経っていて、何をしていたかといえば、
まぁちょっとお疲れ休みであったような。。
というか、いつもなら太平洋高気圧万歳な8月が、
これまでのところ台風5号と12号で散々なのである。
自分が気象病であると理解したのはいつであったか、、
春秋にはいつも体調を崩すことには早々に気づいていたものの、
それが世で気象病と呼ばれていることに気づいたのは比較的最近である。
気圧変動に弱く、いつも低い血圧がさらに下がって大変に辛い。
うっかりすると自分でも怠けている様な気持ちになるので、余計に辛い。
台風の場合、勿論接近時もしんどいけれども、何よりも
発生前後とか、あるいは通過して離れていくときなどがいちばん堪える。
5号はとにかく発生からずーっと辛く、ようやく過ぎ去って楽になったはずが
やけにしんどく、どうしてかなと思っていたら12号が発生した。。
そんな訳で、背中痛がひどくて寝ていられなくなり、久々の更新なのであった。
・・・しょぼい愚痴ばっかりでスイマセン。

そんな三毛庵も、ほちぼち市へも繰り出している。
近ごろは、お手頃なもので遊ぶのが楽しいので、いわゆる「骨董」なるものには
なかなか手が届かない。古道具でちょっと遊べそうなものとかそんなもん。
どこかのデッドストックらしき額縁が売られていた。
定価で買うよりはお安いが、うれしくなるほどお買い得でもない。
とはいえ、多少古びがついてアジといえなくもなく、
額縁屋へ行く手間も省けるから買って損でもないか、と合理的に考える。

取り敢えず帰って、丁度シートで置いてあった銅版画を入れてみる、
おぉぴったし!!

IMG_2798.jpg

多少ダメージがあるのが、ちょっと時代を経た絵に見えてよろしい。
縁の飾りがなんだかホネっぽくで骸骨の絵が最初から入っていたようで満足♪

IMG_2800.jpg
(アルフォンス・イノウエ『見えない力』)

額と版画の取り合わせが気に入って、お盆にちょうどよいか!?と
まさかのに玄関に飾っていたら、やってきた友人が肝を冷やしていた。
みんな最後はホネになっちゃうんだけれどね!
終戦の日も過ぎて、京都では五山の送り火である。
いつの間にか夜には虫の声もするようになり、庭の草木も疲れたように生い茂っている。
だんだんと季節も滅びゆくようである。

ひと月あまりで、引越して一年になる。
一年前、最初に飾った絵を取り出して、飾ってみた。
永くて短いような一年であった。
<庭の備忘録>

昨年の秋、実が成る程度のブルーベリーの苗木を植えた。
暖地に強いラビットアイ系の2品種(自家結実性が低いので)を選んだ。
ネットの情報でいろいろおススメの組み合わせを調べたが、
結果的に三毛庵は以下の2品種を選択。
・ブライトウェル
・パウダーブルー

選択のポイント
・2品種の相性(交配可能な時期が合致する)
・比較的丈夫であること
・おおよそ立性(お庭が狭くてもOK?)
・美味しい

一年目の今年は、まぁまぁ想定内であったと思う。
・ブライトウェルが若干開花早かったが双方ほぼ受粉できた。
・美味♪なのに虫がほとんど来ない。
・ブライトウェルは梅雨明け前後を中心にお盆まで収穫ができた。
 パウダーブルーはお盆中心に収穫ができている。
※パウダーブルーは晩生とあるがそうでもない、という情報もあったけれど、
 初年度は期待通り晩生。
 色づき始めはブライトウェルより多少遅い程度であるが、
 熟すのがゆっくりであり、結果お盆頃に美味しくいただける、という感じ?

ブルーべりーは病害虫が少なく、花も可愛らしく、美味しく食べられ、
紅葉も楽しめるので、あるとうれしいなぁと思うのであった。

関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示