2017/08/26.Sat

取り合わせの妙 (ちょい古の木の額縁(小)とプレスガラスコンポート)

お忙しかったり、台風が続々発生したりでお疲れの三毛庵、
ぐっすりお休みしたいところであるがお疲れ過ぎて眠れない。。
となると、まったりするのにも飢えているので、起きてぼーっとしたりする。

先日の額縁@と一緒に買った小さめの額縁、
その時は深く用途は考えなかったけれど、家で眺めていてちょうどよさげなのを思い出す。
今までありあわせの額縁に入れていて、もうちょっとなんとかならんかな、と思っていた。

IMG_2821.jpg

おぉ、ぴったし♪

IMG_2825.jpg

お気に入りの子猫。
西村宣造の寂しいような猫だから、愛らしい額縁に入れてあげたい。

IMG_2819.jpg

ちょっと映り込みが・・・詳細はこちら@ご覧ください。

IMG_2818.jpg

こんなふうにいちおう木でできているようで悪くない。
絵は絵でよいものだけれど、例えば額縁とか、
或いは軸装とか、トータルで絵の良さが引き立ったりするものだ。
少し古い軸装があって、修復しようかなとか思ったりするのもあるのだが、
なかなか先人のセンスを超える趣向など思いつくものでもないのである。
額装はまだしもいろいろお試しできるチャンスがあるけれど。。
自分で軸装を考えられるっているのは、センスだけの問題ではなく、
教養の問題であるように思う。

IMG_2824.jpg

一緒に写ったプレスガラスもお気に入り♪
こういうごりっとした時代感のあるプレス、もの好きのココロをくすぐる。
暮らしぶりがやさぐれているので、ふと目に留まるこういう光景に
いたく渇きがいやされる心地がする。

IMG_2807.jpg

そういえば、今年植えたヒオウギが咲いていて、
まぁ一日咲いては散ってゆくのであるが、切って花活けと思った。
でも花芽が一本で、ぬばたまも見たいなぁ、と切れずにいた。
今朝見たら2本目の花芽が上がっていて、こんどは切ろうかしらんと思案する。
このような古典的な花が疲れた庭に咲くさまは、客観的には
綺麗な庭でもないのだろうけど、心情的にとても惹かれるものがある。

朝ブルーベリーを収穫するのであるが、ブロンズフェンネルが育ちすぎて
奥のブルーベリーの収穫がしにくいなぁ・・と思っていた。
そうしたら気づけばフェンネルに揚羽蝶の幼虫の嵐であった!!
うーん当分収穫に行く勇気がない。
三毛庵幼虫類がとかく苦手で、それでもいろんなヤツをスコップで
掬っては国外退去にしているのであるが、
なんかキモい割には揚羽の幼虫はそっとしておきたい心情に駆られる。
(ヨトウムシとかイラガなんてもう許せないくせにね。)
山椒とか檸檬の木はそこそこ注意していたのに、フェンネルのことを忘れていて、
その上台風のせいで、見回りが甘かったのである。
もうフェンネル枯れる覚悟で揚羽になるの待とうかなぁ~なんて
思っているけれど、いやしい三毛庵は収穫できないブルーベリーが気になって仕方ない。
皆さま揚羽の幼虫は許せますか???

何を書いているのやら、になってきたので今度こそ寝るのである。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示