FC2ブログ
2017/11/05.Sun

末裔考 (織部法螺貝文行燈皿)

IMG_2946.jpg
あまりに小綺麗なせいか、目を留める人はいないようであった。
という訳で、気安く分けていただいたのであるが、
どうもいろいろと気になっていたのである。
時代の若いヤツってこんなに丁寧な絵付けじゃないものだけどなー、
というのが最初に引っかかったところで、しかも法螺貝という珍しい文様である。
法螺貝文は石の珍品にあるもので、ならば行燈にあってもおかしくはない。
だけど、そのような珍しい文様が幕末明治にはあるものであろうか?
(珍品風の贋作にしては嘘がないと思うし・・・。)
気になりポイントはほかにもたくさんあった。
・織部釉の発色がよく、また刷毛塗りでない。
・灰釉ではなく長石釉、、だと思う(たぶん)。
・印花は美濃の伝統的手法であり、しかも織部伝統の幾何学文である。
・絵付けが生きていて、法螺貝に付いた紐の描きっぷりがよい。

IMG_2951.jpg

IMG_2949.jpg

うーん、これって結構時代が上がるんじゃないかな?行燈って殆ど知らんけど。
行燈はほぼほぼ瀬戸の産らしいのだけれども、
これって様式は完全に美濃の織部だよなぁ、、それに・・・。

何よりも気になったのが、法螺貝が普通の鉄釉色と
もうひとつ、オレンジがかった薄い茶色で描かれていて、これ記憶にある。。
こういう色って弥七田織部の特徴ではないかしらん。

IMG_2950.jpg

そう思って色々調べていたら、前に弥七田にそっくり、と言っていた皿@
本当に江戸前期の織部、弥七田であるらしいことが分かってちょっと笑った。
(三毛庵のことであるのでそう言われて買ったりなんかしていないですからね。)
さすが三毛庵、バッタもんふうの織部に強い!(笑)

そういえば、この法螺貝の尻尾のところ、小さく掻き落としされていて、
これも織部にはよくある手法である。

IMG_2948.jpg

まぁ見てくれはただの行灯皿なんだけれど、だけど面白いなぁ・・・って思う。
だって、弥七田の末裔は終いはこういうものを作ったんだなぁ、って思えるもの。
そんなこと言ったら学者の方には鼻で笑われるかもしれないけれど。。
でも三毛庵はこのお皿を保護してよかったな、って思うよ。
このお皿とこれを作った人のこと、すこし分かってあげられてよかったなと思うよ。

織部といえば秦秀雄さん旧蔵で今はおそらく勝見充男さん所蔵の
蕨文?織部大皿、ああいうのを趣味が良いって言うんだろうなぁ、って思う。
このような愛嬌のあるやつは、まぁ趣味が良いとは言わんやろけど、
でも三毛庵には向きであるかなと思ふ。

そういえば、あまり行灯皿の知識がないので色々調べていて、
こちらの本に、双子のお皿が載っているのに気付いた。

IMG_2981.jpg

IMG_2982.jpg

色味や手法(釉薬の色や掻き落とし)までそっくりで、同じ人の手になると思う。
サイズもほぼ同じなのだけれど、残念なのはこの図録には時代考証がないところ。
高台を見て江戸後期かな~って最初は思っていたんだけれど、
絵付けの丁寧さや手法を考えると中期まで遡ってもいいんじゃないかとも思う。

IMG_2947.jpg

相変わらず妄想の激しい三毛庵であるので、お詳しい方いらっしゃいましたら
誤りを正してくださいね~♪
ふふ、でも知らないものを買うのって楽しいなぁ!

IMG_2971.jpg

連休は久しぶりに遠出をして、高山の朝市をぶらぶらした。
朝市といえばお決まりの漬物を買ったり、りんご(なつかしい紅玉)を買ったり。
ついつい椿まで買ってしまった、銀葉椿とある。
椿は時々衝動的に欲しくなるのであるが、何といっても木であるので、
自制していたのに、旅というのもあって浮かれてしまった。
シルバーリーフで細葉っていうところについつい・・・。

IMG_2970.jpg

小さい苗だけど、つぼみもついていて楽しみである。
調べてみると矮性らしいので巨大化は免れそうだし、
一重の開き気味のノーマルな花の画像を見る限り、割と好みな気がする。
(衝動買いしてお好みでない花が咲いたらしょんぼりですからね。)
それに寒咲っぽいので花のない時期にうれしい♪
あー楽しみだなぁ。。

IMG_2977.jpg

今日は近所で集まって柿を採った。
干し柿にするのにみんなで分ける。
三毛庵はあまり柿を食べないので、実家にどっさり送って、
残りをちょっとだけ吊るしてみたけど、上手くできるとよいです。
関連記事
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示