FC2ブログ
2017/11/11.Sat

部屋にて (古い鏡)

せっかくのお休みなので、掃除洗濯もしたいし、
好きなものを眺めたりもしたい。
でも、、少々起きているのが辛いのである、悔しい。。
(北海道の北にある低気圧とか、フィリピンのほうにある台風とか、
目の敵がわんさかなのだ。)

IMG_3005.jpg

寝転がって、ぼんやりと部屋を眺めている。
このあいだの旅で連れ帰った鏡が立て掛けてある。
「そんなに鏡をどうするの?」とのんちゃんに聞かれたが、
どうするでもない、飾るだけだ。
特に実用というわけでもなく、絵を飾るように飾るだけ。
置くとそこが小さな窓になるのが好きだ。
こんなふうに意欲のわかない時間、自然に目が行く。

IMG_3006.jpg

とても心地よいrを描いている。

IMG_3007.jpg

丁寧に面取りされた麗しい硝子。ほんの少しの愉しみ。

IMG_3008.jpg

雨が上がってからは乾いた北風が薄を揺らしている。
軒下に柿を吊るして一週間。表面が干せてきたので身を少し揉む。
残り全部を母に送ると、父がいたころよく作って食べさせたと懐かしんだ。
父が亡くなって、もう七年になる。
その柿を送ってくれていた義父も亡くなって早三年が過ぎた。
関連記事
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示