FC2ブログ
2018/05/13.Sun

梅雨のはしり (英吉利からきたちびパニエ)

今日は一転、大雨になる。
6時に起きて、まだ降っていなかったので朝ごはん前に庭仕事。
はびこり過ぎたものを引っこ抜いたり、草花の配置をちょっと見直したり・・・。

IMG_3484.jpg

ざあざあ振り出して、庭の様子を見に行ったら、
カタツムリがのそのそと・・・あぁ、あと半月もすれば梅雨なんだ。
今年は薔薇がとうに満開を過ぎ、いつの間にかヤマアジサイも色づき始めている。


IMG_3489.jpg

庭の移り変わりに目を奪われてばかりなせいか、
こんな籠を見かけると、これに花を入れられないかな~とか思うのである。
これはですね、ちびっこなんです。
普通の籠に入れるほど、大々的に花を切れない三毛庵であるが、
これならケチケチと切ったお花を入れられそうだもの。

IMG_3488.jpg

西洋の籠はお洒落過ぎてうちには合わないのであるが、
ちびっこな分ずんぐりとして愛嬌たっぷり、、なところがツボだったのだ。

IMG_3486.jpg

わーい、籠だ籠だぁ!・・・わらわらと集まってくる。

IMG_3487.jpg

ぬいぐるみのお舟のようである。。


(庭の様子)

じゃんじゃん咲いた薔薇の画像もあるのだが、
雨の日の気分はこんな感じかな~。

のんちゃんのお池に去年孵ったメダカをリリース。
バスタブみたいなお池は花に囲まれた(って囲まれ過ぎだが。)

IMG_3476.jpg

左側のお花は去年満開後の処分品を地植えにしたコガクウツギ。
右側は大好きなヤマアジサイ『白扇』。
葉っぱもしゅっとしてライトグリーンで、庭にあるとうれしい。

IMG_3470.jpg

右の八重タマノカンザシは仮住まいの時も持ち歩いた大鉢。
左のブルーグレーのホスタは『ハルシオン』(これも去年の処分品!)。
なんだか処分品なお庭であるが、植えたものが翌年咲いて、
あぁ根付いたんだ、、って思えるのがお庭のヨロコビなのである。

ホスタ系は油断するとナメクジに食われるので基本鉢植えなのだが、
ハルシオンはまずいのか食われないらしい。
去年3芽だったのが4芽になったので、1芽を地に下ろしてみようかな。
ハルシオンは枯れたのか?って思うほど春の目覚めが遅くて、殖え方もゆっくり。
雨の庭でそろそろ枯れる水仙の葉っぱを眺めていて思ったんだけど、
これを水仙のぎりぎり手前に植えたらいいんじゃないかな。
水仙が咲いてから芽が出て、水仙が枯れた場所を葉っぱで隠してくれるという技を
期待したりして。
殖え方が遅いのもうちのようにぎゅうぎゅうに植えるお庭では好都合である。
庭の広さ<欲しい草花、、な三毛庵、密植ワザを考えるのに余念がない。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示