2018/05/26.Sat

植木の市 (再興九谷青手掛花入れ)

IMG_3490.jpg

この季節のモミジはほんとうに瑞々しい。
挿しておいても長持ちするから、ずぼらな三毛庵にはありがたいのである。
置いてある鞘状のやきものは花入れになるんだけれど、
イロハモミジはいまいち合わなかったので、飾りに置いた。

IMG_3551.jpg

今日思い立って、こっちはどうかな?とコハウチワカエデを挿した。
うん、これは可愛い。
花入れは基本的には地味なものがよいと思うけど、
こんな色絵なら、葉っぱだけを挿せばいい気がする。

IMG_3553.jpg

決まり過ぎてなくてイイ感じ♪

IMG_3554.jpg

こんな不思議なもの。。
よい箱に「九谷青?屋造きせる筒?」みたいなことが書いてある。
粟生屋源右衛門だと聞いたけれど、普通の粟生屋のような
楽焼っぽいのではなく、磁器質のもの。
素地は若杉とかなのかなぁ?
へんてこなものだけど、時代はあると思うんだな。
ちゃんと掛けるためのひもを通せるようになっているスグレモノである。
大切に育てているコハウチワカエデの晴れ舞台。

裏に砂利敷きの西向きのスペースがあって、防草シート貼っているのに
油断すると雑草が伸びていて、のんちゃんが気にしていた。
それならいっそ木でも植えて、雑草のはびこるスペースを
減らしちゃえばいいんじゃないかと思い、あれこれ思案していた三毛庵である。
いっそオカメ桜でも植えようかと思ったけれど、桜は虫の温床だからなぁ。。

先日ホームセンターに行くと植木市がきていて、
おぉ、この手があったか、ジューンベリー!!
桜のころに花が咲いて、6月に食べられる赤い実がなり、
秋には紅葉もする。そんなに手もかからない。
若干かわいそうだがなんとか西日も耐えられるとのことである。
ジューンベリーの大きい木はあまり見たことがなく、
もっと大味?って思っていたけれど、あんがい繊細な姿で葉っぱも可愛い。
裏庭なら鳥が来ても厄介なことにはならないしね。

ということで、早速植えました~。種があるけどお味も美味しい♪
IMG_3523.jpg

とにかく秋までせっせと水遣りしなければ。

一昨年植えた庭木がなんとか無事に二年目の春を迎えたのに
気を良くしている三毛庵、実はそのときほかにも気になるものがあったのん。
それはですね、、シロモジ!
家にはクロモジがあり、シロモジの存在も知ってはいたのだが、
実物をみたことがなかったの。
シロモジの株立ち、めちゃこじゃれているではないですか。
ということで、本日植木市の最終日、行ってきましたよ~。

IMG_3542.jpg

葉っぱが繊細で、カエルの手のような、アヒルの水かきのような形なのだ。

IMG_3541.jpg

若芽は赤みがかっている。

IMG_3543.jpg

上向きにつく、小さい実が地味ながら存在感たっぷり。
一本でも結実するって言ってたけれど。。
春先に黄色い可愛い花が咲き、秋には黄葉もするという楽しみの多い木である。
虫は少なそうだけれど、ハキリバチがガンガン葉っぱを切り取ってしまうのがちょっと笑える。
クロモジはしっとりと和庭に合う風情だけれど、
シロモジは和でも洋でも面白く使えるんじゃないかな~。
ということで、今年も水遣り頑張る三毛庵である。

<今日のお庭↓>
IMG_3544.jpg


先週、つぼみ付きの野花菖蒲が売られていたので、買ってきて池に。
幸いにして、お休みである本日開花!
ノハナショウブは原種なので、園芸品種とはまた違った魅力がある。

今日植木市を見にホームセンターへ行ったのであるが、、
ヤマアジサイの開花株がお安く売られていた!
ホームセンターを侮れないのは、安定感のある品種が流通するところ。
花付きがよい、とか性質が強いとか。。

IMG_3546.jpg

「七変化」
ほとんど「藍姫」と違わない気がしながら、しゅっとした黒軸はなかなか魅力。
色が変化しやすい品種らしいが、とても深い青(上手く映らない)。
オーレアのルブスのところに植えたらいい感じ♪

IMG_3549.jpg

「羽衣の舞」
とてもコンパクトで花付きのよい品種のようだ。

IMG_3548.jpg

アップ・・・糸ピコが可愛い。
これは青みがかっているけれど、ピンクに発色するのが本芸なのかな?

IMG_3547.jpg

「クレナイ(紅)」
色が白からだんだん紅く染まる、ヤマアジサイの大名花。
ずーっとね、クロモジの足元に植えたかったのん。
きっと来年はいい感じになると思うんだな~。

アジサイは病害虫が少なくて、日本原産だから育ちやすい。
と思っていたら、先日植えたタマアジサイを毛虫がむしゃむしゃ食べていた。。
タマアジサイ、美味しいんだー、とほほ。
(吉岡麗子さん育成のヤマアジサイ「うるは」の新芽もナメクジにがっつりやられた。)
何しろ三毛庵、多品種をちょびっとずつみっちり植えるのが好きである。
(理想は季節ごとに自然に花が入れ替わるお庭。)
虫にとってもなかなか居心地がよいようである。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示