FC2ブログ
2018/07/22.Sun

夏祭りのころ (伊万里染付芙蓉手小鉢)

暑中お見舞い申し上げます。
火を使うのも暑い日々が続く。(三毛庵宅はガスなので。)

IMG_3658.jpg

ごはんのおともがあるとらくちん。
さらにお気に入りの小鉢があると、手抜きを感じさせないグレード感!

IMG_3673.jpg

直径が10cmほどと、ほんとうに小鉢なのだけれど、
半球体の轆轤も染付もきりっと気持ちよく上がり、ほれぼれする器なのだ。
ふたつしかなく、一つには古い少しのニューがあったので、
ほかのものを買うついでで、知り合いの業者さんがとても気安く分けてくれた。

IMG_3676.jpg

市では価格交渉もひとつの愉しみだし、このように思いがけず気安く譲ってもらったりすることもある。
その場のやりとりという愉しい思い出が、その「もの」に自分だけの付加価値として上乗せされる。
ネットオークションで相場より安く見つけるのも、愉しみ方のひとつだけれど、
対面販売では「もの」だけでなく、「ものを介した会話」もついてくるのが嬉しいのである。

IMG_3670.jpg

あのときの豪雨の最中、木槿『白祇園守』が咲いた。
木槿は大きくなるので遠慮していたけれど、夏の茶花にあれば嬉しい、
という妄想が頭から離れず、いろいろ悩んで白の品種からこれを選んだ。
近所にはなかったので取り寄せたところ、びっくりするほど小さい苗で、
それでも今年3輪咲いた。
あとの2輪が祇園祭の最中に咲いたが、留守にしていて見ることができなかった。
これから大阪では天神祭り、京都では後祭り、と夏祭りが続く。
夏暑いのも、雨が降るのも必要なことだけれど、どうかそれが「恵み」であって欲しい。
昔も今も天災は祈るほかないけれど、人災が起こらぬようにしなかればならない。

IMG_3672.jpg

ベリー類は庭にあると可愛いし、ちょっとしたおやつになる。
花も実も可愛いんだけど、葉っぱも綺麗で紅葉もするから、愉しみが大きい。

IMG_3671.jpg

オクラの花。一日花だけど、夏らしい佳い花である。
葉っぱもね、色とか形がいいし、今のところあまり虫も来ないので、
葉っぱの色と形だけでなんとかしている夏の三毛庵庭にはちょうどよい。
関連記事
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示