FC2ブログ
2018/10/04.Thu

たわしって (白磁のスプーン)

台風25号で撃沈していた。。まぁだいたい、フィリピン沖辺りはいけない。
ヒトのホメオスタシスとやらは、三毛庵には備わっていないのであろうか。
今回は久しぶりに鬱の荒野を彷徨ったしな。

寝込んでいない時はいろいろ画策しているので
なかなかブログにまでたどり着けない日々である。
書き留めておきたいことは沢山あるのであるが、
「動ける日」はこと春秋には貴重なので全力投球するのである。
今日はビミョーに動けない日(←とどめに腰をいわした)なので、
ブログでも、、と思ったら、お庭以外の画像がない。。
ということで、前回台風24号で放置していた画像でお茶を濁すことに。

IMG_3775.jpg

ナルシスウイスキーという、ナゾの販促コップにちょいちょい使うものを入れている。
普段遣いの小さな竹の茶合に、たぶん焼き鳥がついていた竹串。
これは何で要るのかというと、ホームベーカリーの羽根の辺りのパンくずを取るのである。
最近ここに小さな白磁の匙を追加した。

IMG_3765.jpg

調味料はあまり真面目には計らないほうで、お塩など指でつまむことが多いので
計量スプーンはあまり使わない。
たまにしか使わないお砂糖はやきものの壺にいれているのだけど、
金属のスプーンでカチャカチャするのはちょっとしっくりこない感じでいたところ、
これを見つけたのである。

ずんぐりとして、きっと最後のお砂糖を掬うのは難しいんだろうけど、
意外とね、使っていて気持ちよい。
朝の食パンを焼くとき、お砂糖はだいたい3杯、お塩は1杯のアバウトな使い心地。
それから、お鍋からちょっとお味見、のぶんを掬っても、白磁は美味しそうなのである。
こんなん、個人的な部分だから誰かに勧めるようなものでもないけれど、
佳い道具は、日々の仕事を「自分だけのトクベツな時間」に変えてくれる。

いろんな理由でずーっとだいたい在るものを使ってきた三毛庵であるが、
近ごろふと高級な棕櫚束子を買ってみたのである。
亀の子束子の「棕櫚たわし 極〆」、激しく衝撃的であった。
母に買ってもらった気づけば年代物のまな板を洗ってみたところ、
まな板が浮世の垢を落として、小ざっぱりとしたのである!
道具の神さま、ものの神さまありがとうございます、こころからそう思いましたです。
ものより情報の重んじられる時代であるが、三毛庵「もの」の確かさにはうっとりするよ。

IMG_3786.jpg

九月の終わりに、うさぎシステム@が完成!!

IMG_3787.jpg

仕込んでおいたお花が咲いた♪黄色のゼフィランサス。
あっという間に萎んで今はもう、小さな種になっちゃったけど。

IMG_3788.jpg

イワシャジンが満開に。
バケツのカバー、、ほんとは水遣りに使う筈が水が溜まらない、という。。
バケツじゃなく、カバーを買ったということで(笑)。
近ごろ骨董というより古道具バンザイなブログだな。

IMG_3789.jpg

イワシャジンは水捌けよくすれば鉢なら育つかもしれないが、
前回は春に虫に食われて滅亡・・・。
というような、週末ガーデナーには難しい奴だけれども、
この辺は泣きどころなのね、三毛庵的に。
なので切り花を買ったつもりで買ったもの。
こんなきれいなお花、なかなかないのであるからして。

IMG_3772.jpg

ミセバヤも丈夫な割に油断すると春に虫に食われる。。
でも咲くと秋バンザイ、っていう花だからな。日高ミセバヤかなぁ。

IMG_3771.jpg

マユハケオモト。冬に凍らせてしまい、ちょっと危なかった。
危機を感じたのか、分球した気がする。花はあんまり咲かないかな?
一度部分的に盗難に遭い!?減ってしまっていたので復活させたい。

IMG_3777.jpg

可愛い雑草を残してお掃除後。

IMG_3763.jpg

季節を勘違いしているのんちゃんの処分アジサイ「コンペイトウ」に、
なぜか地際で咲く朝顔、というシュールな光景。庭って素晴らしいわ♪
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示