FC2ブログ
2018/10/22.Mon

十三夜+1(三田青磁掛花入)

昨夜はまったりと十三夜でも愛でるつもりのところ、高熱で寝込んでしまった。
今朝にはひとまず復帰(近ごろオンオフのスイッチが激しいような・・・)。
今宵の月も綺麗なので良しとしよう。

IMG_3816.jpg

庭のホトトギスがじゃんじゃん咲いて、惜しくてなかなか切れない三毛庵も
通路の邪魔になる分は安心して切れるというか・・・。
(正確に言うと邪魔だから切るのではなく、体に当たって花が見苦しくなるよりは
切って家で愛でたほうがいいように思うというか。)
なのでまぁ、いつも思ったような枝ぶりを得られるわけではないのだが、
家の花があんまり作為的なのも息苦しいし、あるもので工夫するのがいいかなと思う。

三田青磁の花入れは掛花でも使える仕様。
菊を入れてみたいと思っていたのであるが、庭にはそう都合の良いものは生えておらず。。
この小菊はベルギーマムという園芸種で、一抱えの球状に分岐した立派な鉢を手に入れたのだ。
(これがまた薔薇100本の花束より凄い花付きなのにちょっとした花束よりお安いというスグレモノ。)
ゴキゲンで鉢を連れ帰ったのであるが、ちょびっと折れちゃった、端っこが!
若干ショックを受けたものの、全体の見た目はあまり変わっておらず、
そっかー切り花も手に入れたと思えばいいんや♪とこの花入れを取り出したのである。
という訳で、球状に咲いていた端っこなので、ほどよく曲がっている(笑)。

先日花束を家に飾っていたのだけれど、ちょっとお留守にしていたら
結構傷んでしまって思ったのであるが、、売っている花束は枯れると見苦しいのは何故?
庭の花もよくうちでは花瓶で枯れてるけどあんまり気にしたことなかったなー。
花に対する愛情の違いか?などと一瞬都市伝説めいたこと考えそうになったけど、、
たぶんだけど、売り物の花ってまっすぐ揃っているのね。
だから枯れるという不完全さが似合わないんじゃないかなー。
庭の花は最初から自然っぽいので枯れても自然っぽい、そういうことではなかろうかと。
いつでもフレッシュな花が花屋さんに売られているのは素晴らしいことだけど、
自然っぽい姿の花もあればなおいいのにな~と思う三毛庵である。
まぁぐにゃぐにゃのお花は輸送コストも高そうであるけれど。。

IMG_3814.jpg

マユハケオモトの開花。

IMG_3813.jpg

笹竜胆(斑入り)を買ってみた。
竜胆の仲間も好きな花で、小さい時近所の原っぱで見つける花の高級品は竜胆であった。
(竜胆の生えている近所の原っぱ、っていうのが今の日本に現存するものかは知らないが。)
あのときの、枯れていく野の中で見る竜胆の青さと自然な草姿を覚えているので、
切り花の太くて立派な竜胆は残念だけど別のものだと思う。
あーでもこんなこと言っていると流通している切り花否定しているみたいだけど、
仏様にお花屋さんの立派な切り花をお供えしているのとかいいなーって思うしなー。
花はやっぱり難しい。


関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示