FC2ブログ
2018/12/10.Mon

落葉(常滑朱泥急須)

最初に骨董を漁り出したのが煎茶道具であったせいか、
今も急須など見かけるとついつい手に取ってしまう。
初めて買った古道具の急須@も常滑だったな、そういえば。

とはいえ、煎茶道具は人気であるし、そうは気軽には見つからない。
秦翁ご推奨、万古の秦山の急須など、今では高嶺の花であるし。

IMG_3851.jpg

口の辺りに小さなアタリはあるけれども、スカッとした姿。
これはもう、煎茶が美味しいに違いないけれども、
なくてもことはたりるだけに、少し勉強してもらえたら買おうかな、と思った。
売主との交渉も市の愉しみというのもあるけれど、
幾らだったら欲しいかな、と自分の物差しを取り出してあれこれ悩むのも愉しみ。
結果として佳い買い物だったけれど、その日は買い気の薄い三毛庵であったので、
快く勉強してもらえて手に入ったのは、きっとご縁というものだろう。

IMG_3850.jpg

見て惚れ惚れするなぁ、この仕事ぶり。

IMG_3847.jpg

この篆刻もね。放ってはおけなかったなー、やっぱり。
(今どきの変に着色された朱泥の急須、ああいうのは陶土の無駄遣いというものだ。)
思った通り、大変美味しくお茶が入りまする。
ところで近ごろペットボトルのお茶で、抹茶入りの煎茶?っていうのが多いけれど、
あれの意味がいまいち分らんのは自分だけなのか?って疑問に思う。
個人的には抹茶を入れるより、いい茶葉だけで煎茶にしてほしいのだが・・・。
(ま、ペット茶を常用してないから余計なお世話であるが。)

IMG_3849.jpg

こんな銘があるのだけど、勉強不足でよくわからず。。
ナントカ山、っていうのかな?ちょっと調べないといけないなー。
これでお茶を淹れると、豊かな気持ちになるよ。

そういえば、、三毛庵のところに縁あって秦秀雄旧蔵品というものがやってきた。
できるだけ、旧蔵品だから、では買うまいとは思う。
買えない、、っていうのもあるけれど、秦翁のように「自分の軸」を持つということが、
氏を尊敬している、ということなのだと思うので、買うまいとは思う。
(尊敬している人であるので、ホントのところ爪の垢でも欲しいけれど!)
それでもねー、通り過ぎることのできないものであったのだ。
あー、氏はとうの昔にこれを取り上げたのだ、と思うと
いつもあっちこっちを彷徨う自分を不甲斐なく思うけれども。。

IMG_3856.jpg

もう今はほとんど落葉したけれど、コハウチワカエデの紅葉。
台風やら先日までの高温やらで、綺麗とは言えないはずだけど、
枯れた色の所々が紅く染まっているのがやっぱり綺麗で、
まぁ育ての親の欲目には違いないが、京都の人だかりで紅葉見るより
こっちがいいかな、と思うのであった。


ちょっと前の庭の記録。。

IMG_3822.jpg
細葉ヒイラギナンテン(最近あまり細葉でない。)

IMG_3825.jpg
ヤマボウシの紅葉

IMG_3826.jpg
花の散ったホトトギスが面白く。

IMG_3827.jpg
ノボタン「コートダジュール」。そろそろ防寒しなければ!

IMG_3831.jpg
山ラッキョウ

IMG_3832.jpg
斑入りのヤブコウジがなぜかまた花をつけた。

IMG_3833.jpg
他のには実がついていた。

IMG_3836.jpg
ヤブコウジはちょっとしか実がつかないけれど、それがまた可愛い。
四つ葉でもみつけたような気になるのか、のんちゃんも発見して喜んでいた。
関連記事
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示