FC2ブログ
2018/12/17.Mon

水回りとか (摺りガラスの台)

昭和の家の建て替えのとき、ふるもの買いの経験は意外や役に立った。
自分にとって必要なこととそうではないことを仕分ける基準がないと、
このような、経験のない事態を乗り切るのは大変だったと思う。
それから、営業の方に大変助けられた。
プロである、といってしまえばそれまでかもしれないが、
困ったり、悩んだりしたときにいただいたアドバイスが、随分役に立ったと思う。
予算のこともあるので無駄なものを勧められることはなかった中で、
少し他より高いけれどお勧めです、、と言われたのは洗面所だった。
それは他と比べると生活臭の少ない、小綺麗なもので、
さすがにそんなところまで気は回らなかったが、そんなものかなとそれを選んだ。
暮らしてみて、それはなかなか良い選択であったと思う。
水回りというのはどうもごちゃごちゃしてしまって、管理がしにくいのであるが、
小綺麗な洗面所だと、その小綺麗を保とうと思うものである。
ずぼらーな三毛庵には、これはよい習慣づけになったものであった。

IMG_3871.jpg

ということで、のんちゃんが素敵な摺りガラスの台を発見したので連れ帰り、
洗面道具をちょろっと置いている。
(100均の石鹸入れやコップ、いただいたハンドソープなどがそれらしく見える♪)

IMG_3866.jpg

IMG_3867.jpg

庭仕事を素手でしてしまう三毛庵であるので、近ごろ爪を洗うのに、
サイザル麻の束子も買ってみた!
白くてドーナツ型というのが可愛いが、これはサイザル麻は少し乾きにくいためだそうである。
棕櫚よりも柔らかいので、洗面所を洗うのもOKである。

IMG_3868.jpg

ちょうどいいプレス硝子の皿があったので、それに載せている。
微妙にお皿の内径が束子より小さいので、接地面が少ないのでちょどよい。

IMG_3869.jpg

古物はなにかと役に立つのだ。

IMG_3913.jpg

お風呂洗いも柔らかいサイザル麻を試している。
乾ききらない時は、窓際に吊るすのだが可愛いので許せる。
(隣の怪しげなもしゃもしゃはいただいた植物、たぶんサルオガセモドキ。)

融通が利く、ということではスポンジのほうがラクに決まっているのだが、
近ごろ減らしてもよい石油製品を探す、ということを趣味にしている三毛庵である。
スポンジ系は消耗も激しいし、汚れ方が可愛くないから減らせないかなーとか思う。
(お風呂も普段は綿のボディタオルとかで洗えばいいのかも。。)

最近、ずーっと気にかけていた問題についに終止符を打った。
トイレブラシ問題である。
ここに住まうはじめに、とりあえず百均で用意した。
当座はそれで、ゆっくり考えようと思ったのである。
最初は洗剤がなくてもきれいになるやつ、とかいろいろ考えたのだ。
でも結局のところ、何が嫌って石油製品の汚れ方が気に入らなかったのであった。
洗った後のブラシをボックスに入れるのもなんかやだなーと思ったけれど、
流せるタイプは三毛庵的には趣味じゃないので、どうしたものかと思った。
流石に環境大国のドイツ製にはそういうものがあるのね、
石油製品じゃなくて、乾きにくいボックスには入れないタイプ。
でもちょっとブラシの性能がよくわからず、そこで舶来品に手を出すのも、と。。
じゃあどんなブラシがいいねん?と考えて、結局それは棕櫚ではないかと思うに至ったのである。
ということで、長い柄の付いた棕櫚の束子を手に入れた。
ブラシのボックス問題は、結局のところ自分の管理の問題であるので、
ずぼらをせずに、ちゃんと朝トイレ掃除をして、使った束子を外で日に干せばよいと考えた。
なので、ブラシ入れにしても倫理的に問題なさげな、そういう容れものがあれば
お安くあがるんじゃないかなー、っておもったらあったのね、磁器のもの。
干して乾いた後の束子をいれておけばとても清潔。
このパターンなら、90℃までのお湯を注いでブラシを消毒することも可能かと思うが、
棕櫚は日向に干せばすぐに乾いて、なんなら頬ずりできそうなぐらい、衛生的だと思う。
このシステムは中々気に入っていて、あとは長期的に見てもよいかどうかである。

こういったちょっとしたことをするのに、勝手口というのはありがたいシステムで、
ブラシをちょこちょこっと持っていき、外に出てもう一度じゃじゃっと洗い、
水を切って勝手口の横に干しておけばOK、というストレスフリーな世界である。
ここまでは気が回らんかった三毛庵であったが、
のんちゃんが「ここに勝手口をつけて」と言ったのである。
勝手口を使う類いの家事をのんちゃんがする様子はないのであるが、
なかなか価値ある一言であった。
関連記事
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示