FC2ブログ
2018/12/27.Thu

今年の紅葉(山葡萄の鞘)

IMG_3926.jpg

閖上の朝市で、のんちゃんが味見をして干し小エビ(オキアミ?)を買った。
豆ごはんに混ぜたらおかしいかな?と珍しく料理のアイデアを仰るので作ってみた。
うすいえんどうはハウスものだが、エビのほわっとした桜色もよくとても美味しかった。
(前に大分の赤エビと枝豆で作ったのともまた違う感じ。)

出かける前、今頃になってモミジが紅葉しているのを見かけ、
あーちょっとひと枝切りたいな、って思ったけれど、
新緑ならともかくも、紅葉のモミジって何に入れたものだろうなと。。

そのまま東北へと出かけ、最強にお財布が空っぽにもかかわらず
市へも繰り出し、これを見かけた。

IMG_3918.jpg

山形の農家からの買い出しで、その家のご先祖様(というほどには昔ではないが)
が山葡萄の蔓で編んだもの、ということであった。
元の用途は知らないけれど、一寸傾いだ姿が山里の風情で
あー紅葉のような枯れてゆくものには、こうなんだ、って。

IMG_3923.jpg

自分が素直なときには、何を望んでいたのか気づくものだ。
今年の紅葉を、ちゃんと、見る。

IMG_3921.jpg

商いで作られたものではないであろう、自然の延長のような姿であるが、
よく見るととてもお洒落で、籠目のほかに、横に二本の編み込みがある。
実際のところ三毛庵にはそれがお洒落なのか実用上の補強なのかは
分からないのであるが、しみじみと、きれいだなぁ・・・って眺め入る。
紅葉もものも、いつでもいいや、なんて思っていたら、辿り着くことはできないのだ。

旅の備忘録(ほぼ仙台編)
初日:
日が傾くころ到着、日本一の猫の絵、長谷川りん二郎のタロー様に遭いに行く。
市内の光原社(本家は盛岡であろうが)で靴下を買う。(滅多にない、お揃い)
お決まりの牛タン定食を有名チェーン店で食すが、冬至なので・・・と
南瓜の炊いたんをサービスでいただいた。薄揚げといりことの甘くない炊き合わせ、
南瓜は面取りしてあって、とてもきれいに盛り付けられ、大変に美味しかった。
正直、意表を突かれた。汁まで間食のいやしい三毛庵。

二日目:
古物愛好家なら、朝活、市へ繰り出す。
最初は懐が乏しいので、激安お宝探しをしていたが、
東北らしい、件の花籠?を見つけて有頂天に。
結果的にのんちゃんに借財をしていろいろ手に入れる。
朝活その2、閖上の朝市、、海産物狙いではなく、人気の水餃子を頬張る。
地元のちょっとした食材を買い込む。
歳末の市は地元の人で賑わっていて、まだきっといろんなこと、
大変であろうけれど、それでもすこしほっとした。
ホテルへの移動中、偶然みつけたお店で、喜多方の漆のお皿を買う。
喜多方市は漆を植えて、国産漆を自前で調達しているそうで、
それが使われたもの。(おそらく100%ではないにせよ。)
それを小学校の給食で使っているそうで、うらやましい限り。
蔵王温泉の共同湯に浸かる。硫黄泉の激アツ、贅沢である。
晩ご飯は白石の駅前でうーめんを食す。
普通に美味しくてほっこり、疲れが取れる。
ホテルは寝るだけ。

三日目:
さっさと帰宅。




関連記事
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示