FC2ブログ
2019/05/11.Sat

妖しの花とばら祭り (色絵くらわんか手花文皿)

IMG_4429.jpg

植物が好きなせいか、こういうのんを見ると、
これって何を描いたのかなー、ってすぐに思うのだけど、なかなかのシュール。。

IMG_4428.jpg

よくぞおに描きましたな!って感じ。
でもこんな、ちょっと棘のあるよなデザイン感覚、イカしてると思うな。
斜に構えて澁澤龍彦読んでみたりな、背伸びしたころに出会ってみたかった。

IMG_4430.jpg

裏はこんな感じ、江戸後期は言っていいのかな~。
でもこれ6寸あって、ありそうで意外にない気がする。
縁に小さな直しがあるので、とってもお買い得だった。
まぁ、直しなんてヤダ、と思えばお買い得じゃないのだろうけど、
普段ちょこっとおかずを盛りたし・・・って手に取ったので、三毛庵的には問題なし。
色絵のおで、ふだんのおかずに合いそうなのんって、
なかなか貴重だと思うんだけどなー。

IMG_4422.jpg

ちょうど美味しい魚醤を手に入れたので、簡単な炒め物を作る。

IMG_4427.jpg

あれっ、盛り過ぎた!!(全くのおしゃれ感ナシ!)
でもグリーンの縁がいい雰囲気にしてくれる。

これにチーズなんぞ盛り合わせて、いい純米酒で一杯、といきたいものだ。

(庭の部・薔薇まみれ編↓)
IMG_4590.jpg

ブロックやアルミの塀の味気ない感じが好きではなく、
上からはつるばら、下からはヤマアジサイで覆ってみた。
(なので冬はやっぱり丸坊主であるが。)
今年は上下がつながるほど成長して満足の三毛庵。
ヤマアジサイは『白扇』、小さい庭用の白のアジサイとしてお勧め。
実は左端はアナベルなのだが、あまり大きくなると困るので超密植にして
スポットで咲く程度にしている。

IMG_4576.jpg

ロゼット咲の『ユアンインネルアンブロー』も咲き始めて、
まだ咲いていた白モッコウとちょびっとコラボした。
ユアンインネルアンブローが満開になればまた雰囲気が変わるけど、
このぐらいのときのグリーンが清々しい。

IMG_4582.jpg

一気に咲き始めたロサ・ムンディ。
大鉢に入れて、堆肥と肥料を入れたものの植え替えせずに3年目、
一季咲はやはり丈夫。

IMG_4578.jpg

マニントン・モーヴ・ランブラー咲き始め。
土質も良くなく、西日がやたらと当たる場所でびっくりするほど
蕾をつけている。
虫がついても気にしなくていいほどタフなやつ(しかも棘も狂暴)だが、
この透明感のあるライラックピンクの可愛い花!

IMG_4580.jpg

モスローズのサレも大きい鉢で十分応えてくれる佳い薔薇。

IMG_4584.jpg

ピンクのPink、カワラナデシコ。

IMG_4577.jpg

同じブールソールでも『アマディス』は意外に花もちがよく、
なので枝いっぱいに咲く感じだけれど、
『マダムサンシードパラベール』(モーレッティーかとも思ったが大丈夫なようだ。)は
直ぐに散るのでふわりふわりと咲いてゆく感じ。
西向きに植えたせいで薄紙のような花には気の毒なのだが、

IMG_4569.jpg

だけど夕闇の中でぼうっと浮かび上がるように咲くのが余りに美しくて、
夕食の後片付けを急いで済ませ、この花を見に行くのだ。

IMG_4553.jpg

花が美しいだけでなく、葉も品があり、つるも素直で扱いよい。
紅葉もすれば、枝も赤く染まるそうで、愉しみの多いばら。

IMG_4568.jpg

マダムサンシードパラベールと群舞を植えた足元に、
いつか植えたいと思っていたレダ(ペインテッドダマスク)を植えた。
考えがまとまるのに時間がかかり、苗をやっとみつけたもの。
まだ咲いてないけど、葉っぱがとにかく可愛い。

IMG_4583.jpg

オーガストルッセルは、昔洋書のばら図鑑で発見し、探し出して育てていた。

IMG_4572.jpg

咲いた後、セミダブルの花びらがツンと尖るのもよいのだけど、
咲き始めのこの、中心部の甘い色には吸い込まれそうになる。

IMG_4579.jpg

モスローズの『ニュイ・ド・ヤング』も昔育てていた。
暗い色の花、葉も枝ぶりもモスも美しく、沢山のつぼみをつけている。
結局、好みが大きく変わることってないのかなー。

IMG_4586.jpg

白い大きな薔薇が欲しくなって増やした『フラウ・カール・ドルシュキー』。
つるの『ミセス・ハーバート・スチーブンス』と迷ったけれど、こちらのほうが
自分には合っている気がする。
ゆったり咲いて、雪のように真っ白で(つぼみは赤みがさすのにね!)、
名花といわれるのに相応しい。

IMG_4559.jpg

このばらが誕生した時の熱狂が分かる気がする。
(日本では『不二』と呼ばれていたそうです。)

IMG_4556.jpg

ちなみに先ほどのユアンインネルアンブローは塀の外が南なので、
実は大半外に向かって咲いているという・・・(笑)。

IMG_4562.jpg

現代バラも少しは育ててみたく、いくつか鉢に植えてみた。
ロサ・オリエンティスの『シェエラザード』。
噂通りの魅力的な花形であるが、花色も秀逸♪
こういう透き通った色味って大事だと思うんだ。

ちょっとした小休止の後、一気にばら祭りが始まる。

IMG_4587.jpg

それから『エトワールエテルネル』。
偶然見かけて、実物をみたいな、ってついつい買ったのだけれど、
思った以上に魅力のある花。
(三毛庵たいたい、シングルやセミダブルの花好きだけど。)

IMG_4588.jpg

クリーム色、っていうんではないのね。
秋にはシャンパンゴールドになるらしいけど。
今のところ素直に育つし、花もよくつく気がする。
ティー香もよい感じ。
ネットで見ると育てている人は少なそうだけど、三毛庵は好きかも。
関連記事
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示