FC2ブログ
2019/05/16.Thu

ドルシュキー夫人 (小鹿田焼大徳利)

奄美地方が梅雨に入り、天気図にも梅雨前線が張り出し始める。
昨日は今年はじめて庭で蚊取り線香を炊く。
季節がまたひとつ進むのかな、少し調子を崩した、、(分かりやすいな)。

どちらが先かと言えば、おそらく薔薇を植えたのが少し早かったのだろう。
大ぶりのこの瓶(徳利?)が届いたとき、こうしたいなと、自然に浮かんだ。

IMG_4769.jpg

大ぶりでゆったりと開き、真白なフラウ・カール・ドルシュキー。
こぼれるほど薔薇が咲きほこらなくてもいいのだけど、
家に帰ればあの薔薇が咲いている、そう思えるような薔薇だと思った。

IMG_4772.jpg

大苗を植えたのが少し遅いぐらいだったので、
今年はそれなりに咲いてくれれば十分だったが、
思ったよりもずっと佳い花が、けっこうたくさん咲いてくれて、
下のほうで咲いた端っこを頂戴することができた。

IMG_4770.jpg

大正はあるであろう、古い小鹿田焼もドルシュキーのように大らかで、
だからこういう風に入れたいと自然に思ったのだろう。
フラウ・カール・ドルシュキーは20世紀初め、1901年の作出だから、
この二つには、何か、同じ時代の香りがあるのかもしれない。
懐古とか、そういうことではなくて、こういう花ややきものが生まれる、
そのような文化について、今よりずっと、眩しい時代があったのだと思い至るのである。

それにしても、、佳い小鹿田が手に入って嬉しかったが、
年に一度、こうしてドルシュキーを入れられる、
それだけでも十二分に倖せな三毛庵である。

そして庭部。

IMG_4673.jpg

見ると幸せな気持ちになれる、ミセス・ジョン・レイン。
エントランス用なので、棘が少ない・繰り返し咲・香りがよい・きっと誰もが好き、
そういう合理的な理由を第一に選んだ品種。
でも、そんな腹黒い意図なんか気づかれないほど、ビューティフル!

IMG_4674.jpg

見たらこっちまで薔薇色に染まりそう♪
IMG_4765.jpg
今年の新顔、ロサ・シナモメア・プレナ。
庭の中の薔薇は庭木に入り混じるのが好きかな。

IMG_4767.jpg
3年目のハイブリッド・ルゴサ、ベイシーズパープルローズ。
ぽつりぽつりと開花を始める。

IMG_4722.jpg

ルゴサはとにかく葉っぱが美しいので、花がぽつぽつ咲くほうが、
葉っぱが引き立つ気がする。

IMG_4649.jpg
トゲトゲに似合わぬ澄んだ花のマニントン・モーヴ・ランブラー。
今はもっと爆発的に咲いているけど、それでも涼しげな花というか。。

IMG_4652.jpg

カーディナル・ド・リシュリューの灰紫とマニントンは調和する。

IMG_4683.jpg

でもってリシュリュー卿は、白花二重ホタルブクロとも調和する。

IMG_4650.jpg

リシュリュー卿はガリカなのに少し艶のある葉っぱで、
ごわっとしたガリカの葉っぱが好きな三毛庵は、何でだーとか思った。
でも咲くとこの花にはこの葉っぱだな、と納得。
ついでに言うと、庭には黄花二重咲ホタルブクロがあり、
といってもほぼ白いんだけど、白花よりも少しそっちは可憐。
白花は細長い馬面で、うーん、、と思っていたが、
リシュリュー卿が咲いたらすごくきれいに見える。
庭ではいろいろ予想に反することが多いのだ。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示