FC2ブログ
2019/05/24.Fri

宣造さんに薔薇を (西村宣造の銅版画)

先日の大雨の後、朝早く見回りをすると、花首の折れたばらが、、
マダム・ピエール・ユラー、今年植えたアーリー・ハイブリッド・ティーだ。
細枝に大きな花が俯き加減に咲くところがクラシカルで、
たっぷりある花弁もじっくりちゃんと開き切って、いつまでも綺麗に咲いている、
考えるとオトクな薔薇だが、そんなオトク感など微塵も感じさせない様な、
典雅な薔薇なのである。

こんなに花びらでいっぱいになってもか細い枝で優雅に咲くのね~、
と感激していたが、流石に雨に打たれて一枝折れていたのでいただくことにした。

IMG_4825.jpg

折れたところを庇ってくれる、首の細い掻揚の瓶に。。
一枝で佳い香りが充満する。

IMG_4824.jpg

まだちゃんと額装をしていないのだけど、西村宣造の昔の版画を飾ってみる。
近所の額縁屋さんで素敵な額縁を見つけたのだけれど、
肝心の中身が決まらずにいた。
西村宣造の粋な版画が後からやってきて、こんな感じにしたかったかなと思う。
宣造さん、粋だな~。

薔薇はどちらかと言えば野趣のある庭向きのものがよいのだが、
薔薇という「文化」には関心があって、なので今年はアーリーモダンもひとつ、
と思ってこの花を求めたのだ。

IMG_4694.jpg

咲き始めはハイブリッド・ティーらしい花形で。

IMG_4726.jpg

か細い枝にも蕾がついて、俯き加減で開き始め、

IMG_4759.jpg

重たげに、でも止むことなく開いてゆくのである。

IMG_4782.jpg

こんな風に中心部が珠のようであったり(バラ色のキャベツ!)、

IMG_4783.jpg

最後にはこぼれんばかりのロゼット咲となる、そしていつまでも咲き、
いつまでも香っている。
こんなに花弁が多くては、蜂も蝶も近づけまいと思うのだが、
一体だれに対して香っているのだろう。

薔薇を育てられる世であることを倖せにおもう時。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示