FC2ブログ
2019/06/07.Fri

いつでも花を (和ガラスの小さい花瓶)

IMG_4888.jpg

なんだか花の画像ばっかりで恐縮なのだけれど、
好きなものを飾ったり、咲いた花を飾ったりするのは
どのようなところからくる所作なのであろうか。
花も器も執着してもあの世には持っていけない。
そんなことを言うと、この世で何をしたって無駄ということになってしまうのだが、
持っていけないからこそ、そうやって眺めやる時間が大切なのではなかろうか。
小さい硝子の花瓶は黄色い硝子ではなく、ガラスの内側に塗料を流し込んだような造り、
これは当時の手法なのか当時からのバッタもんの手法なのかは知らないけれど、
扱いの難しそうなニギヤカな黄色も、小さいと可愛らしいものである。
とはいえ、こんな色に花を入れられるものであろうか?とちょっと考え、思いつく。
グリーンの小さいばらなどいかがかな?

今年はばらの新苗も少し買っていて、当面は木をつくるのに専念しないと
いけないので、花は最初のだけ確認のためちょっと咲かせてすぐに切り取る。

IMG_4884.jpg

くしゃくしゃのばらは、ロサ・キネンシス・ビリディフローラ、
通称グリーンローズで、まあ花になり損ねたようなへんてこなものなのだが、
次々と花がついて、なんとなく可愛い奴だ。

IMG_4885.jpg

コロコロのほうは、今人気のあるエクレールという品種で、
ポリアンサローズの一種らしい。
これも油断するとすぐに花がつくほどの育てやすいばらのようである。

IMG_4886.jpg

小さい花瓶には、菊の花と裏にはブドウの房が描かれている。
まぁ、一般には取りたててどうというようなものではないけれども、
そういう中にも、個人的にはなんだか嬉しい、そう思うようなものがあるわけで、
そういうものを見つけた日は、わくわくする。
誰が見ても素晴らしいものを買ってももちろん嬉しいのであるが、
雑多なものの中に埋もれていたのが、家に飾ると幸せそうに見えるのが嬉しい。
「幸せそうに見える」というのは、つまりは自分が幸せなのだろうけど、
そういう、ものを得た・・・ということではないよな充足感がどこから来るのか、
その辺りがやっぱりフシギに思うのである。

IMG_4929.jpg

常日頃、花には侘びた器が合う、という先入観もあったりするのであるが、
園芸種など、こんな入れ方も愉しいなと思う。
庭で咲いた花は、園芸種でも動きがあるので、取って付けたようにはならないしね。

関連記事
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示