FC2ブログ
2019/06/08.Sat

水色の季節 (薄瑠璃六角水滴)

昨日の画像に写りこんでいたのを見て、ここに上げていなかったのを思い出す。
薄瑠璃の水滴。

IMG_4776.jpg
(一番長いところ:5㎝)

書をたしなむわけでもないので、水滴は手に入れても眺めるのみである。
お皿や花瓶は辛うじて使うこともあるので言い訳しながら買うのであるが、
結局のところ、好きだったら買うだけのことなのだ。

文房具というもの、道具には違いないが、手元で愛でることから
持ち主のこころのあり様を表すアイテムである。
この水滴ももっとお洒落な人に貰われればよかったのかもしれない、
三毛庵のところでは花瓶の横でちょこんと鎮座するのみだ。
何処のものかは分からない、ちょい古の伊万里系とかそういうものだろうか?
(まぁ専門外の三毛庵がお気軽に入手したものなので・・・
裏を撮り忘れたけれど、無釉でベタ底の一般的なかたち。)

でも小さくて薄瑠璃で、可愛い箱なんかに入れてあげたら佳い感じになるんだけれどな、きっと。
三毛庵宅に来たかったから、この水滴はお買い得になって並んでいたに違いない!(笑)

IMG_4775.jpg

こんなふうに・・ちょろっと釉薬の掛け残しがあったり、、

IMG_4777.jpg

垂れっとしているところがあったり、、
薄瑠璃らしい表情が豊かで、眺めてほっこりする。

IMG_4774.jpg

華やかな薔薇の季節が過ぎて、雨に濡れる水色の季節。
家の中で、掌にそっと薄瑠璃さんを載せて眺めるのである。

(庭部↓)
庭の植物をexcelに入れておいたりするのであるが、
やはりビジュアルに管理をしたく、庭管理ブログを作りたいのだが、
なかなか時間がとれない。
(最近、夜は行き倒れて寝てしまうことが多く、ほんとうは今日は
こころからお出かけしたいところがあったのに行けなかった。
自分で思ったことを実行できないのは悲しいが。。)

IMG_4927.jpg

今年植えたイジュは丸くて可愛い花芽を上げている。
イジュってそれなりに体格のいい木だけれど、輪生する葉っぱのすべすべ感とか、
ゆるく南国気分も味わえてなかなかの癒し系である。
きっと今月のどこかで咲くのだろう、梅雨の花、嬉しいな。
沖縄では5月の梅雨入りの頃に咲くそうである。

IMG_4920.jpg

去年の越路シモツケ草が今年も咲いてくれて結構嬉しい。
越年自体が難しいということはなくても、虫にかじられて滅亡したりするものもあるからなぁ。。
蕾がひなあられみたい、繊細な花。

IMG_4928.jpg

薔薇という花は、ちょっと扱いにくいお嬢さんな品種もそれはそれで育て甲斐があるものだけど、
この、エトワール・エテルネルはとにかく苦労がなく、今年気に入った現代バラである。
今のところ、病気についてはほとんんど意識したことがないし、
虫には多少はかじられなくもないが、それでも他の品種がいっぱいかじられていても
これはほとんど平然としている。
虫が嫌いなのかなー、って思うけど、花はティーの佳い香りが割と強くて美味しそうなのだ。
半八重とか一重で咲くので、どうやら二番花も梅雨にもめげず咲けそうであるし、
弁質が良いので暑さにもたぶんめげない。
(オールドローズは悲しいかな、三毛庵庭では暑さでくしゃくしゃになったりもする。)
それから、これは端っこのみそっかすのような枝で咲いているのであるが、
どの枝にも蕾が上がるし、シュートも乱れずたくさん上がるし、旺盛でサイクルが早い。
花は開花が長く、ずっと綺麗なのに散るときははらりと綺麗に散る。
ちょっと特異な、クリーム色ではない、ババロアの色?これもとてもよい。
この花は早咲きのほうだと思うけれど、同じく早咲きだったシェエラザードと一緒に咲いて、
あの透明感のあるマジェンダのシェエラザードのお色との対比がすごくきれいだった。
私が平咲の花が好きだったりするのもあるけれど、一鉢あるとありがたいなーって思える品種。
一年育ててみれば、もう少し正しい評価ができるかなと思うけど、お勧めである。

IMG_4923.jpg

ルゴサ(ハマナス)の葉っぱが好きなもので、色々のハイブリッド・ルゴサにチャレンジ中。
スーブニール・ドゥ・トレラゼが開花。
新苗なので早めに花は摘むつもりであるが、花も葉っぱもいいお色。

IMG_4922.jpg

上手く映らないのであるが、ほんのりラベンダーピンクを帯びる、ヘンリーハドソン。
シュネーコッペと色味は似ているけれど、シュネーコッペのほうはもう少し抱えて咲く。
ヘンリー・ハドソンは平咲になるので、原種のハマナスの雰囲気を保っている。
ルゴサ系のスッとする香り、好き。原生花園を歩いたときに香るのと同じだ。
ルゴサ系はどちらかといえば魅力的な葉っぱのなかに
花が一つ、また一つという風に咲くのであるが、
とにかくお庭にこのような葉っぱがある!ということ自体が素晴らしい♪

IMG_4925.jpg

ロサ・ヒベルニカ。
植え場所が今年思ったより陰になってしまい、あまりしっかり咲けなかった。
可愛い花で、ヒップもなるので、次の冬にはもう少しいい場所にしないと!

IMG_4921.jpg

初めの夏に処分品を植えたスカシユリ。
ピンクの「フェルメール」は今年分球したのだが、こちらはすごく立派なのに
いつまでも分球せずに巨大化し、頭の上で咲いているという・・。
こちらは札に「赤」としかなく、品種が分からないのが残念。。すごく好きなんだけど。
関連記事
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示