FC2ブログ
2019/06/30.Sun

いつか忘れて了うまで (和ガラス籠目一輪挿し)

IMG_5148.jpg

梅雨の中咲く二番花は、たぶんよそ目には地味なのだろうけど、
咲くと喜ばしいのである。
多少ぼろっちくなった花でも、おしゃれなアレンジメントよりも綺麗に見える不思議(笑)。

IMG_5150.jpg

ガラスの籠目の花瓶、このような時代の、盃になる小さなコップだと評価が高いものである。
花瓶だと手が届くものが多く、また庭の花向けの小さいものが多いのもありがたい。
こういうガラスだと乳白が思い浮かぶが、半透明のグリーンである。
花を入れるとき、葉っぱのグリーンと被って難しいかな?ともちょっと悩んだ。


IMG_5145.jpg

でもこんな風に、ばら色のばらによく合うと思う。
ばらの葉っぱはところどころ疎らについているだけなので、
ガラスのグリーンと合わせてもさほど被らない。

IMG_5147.jpg

花瓶敷きも可愛い刺繍のデッドストック品。
どれも他愛のないものだけれど、他愛ない、ということはありふれたことではない。

ましてや、過去に生産されたものなど、もうそこに戻ることもない。
人もものも、いつの日か失われていくものだから、
その日その日を記憶にとどめておくほかない。
それもいつかは忘れてしまうにせよ。

関連記事
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示