FC2ブログ
2019/10/06.Sun

十三夜近く (竹一重切、伝山本倉丘「菊花図」)

庭の一角に、去年つんつんとした草が生えていて、雑草というにはよいグラスであったので、残しておいた。
今年になってぐんぐん株が太り、見ると何やら穂を出すようで見ていると、それは糸薄だったのだ。
庭を掘り返して茶花などを植えていると、たまにはこんなオマケがついてくる。
どうやら十三夜には庭で楽しめそうであるが、一番早く開いた穂を失敬する。
それにしても、次の台風は一体・・・。

IMG_5907.jpg

秋海棠はなかなか花期が長く、ちょっとずつ分岐していくのでありがたい。
でもやはり、蕾のころのほうが入れやすいかな。
藤袴もこれだけ暑さが残っても長く咲いてくれるのがうれしい。

やや小ぶりでいい感じに枯れた一重切を手に入れた。

後ろのは折れがついてしまっており、箱も合わせであったので格安にしていただいたもの。
折れはありがたくはないけれど、絵柄はちょうど今の時期によく、
何よりもこのような線描モノは好物なのだからして。。

IMG_5914.jpg

山本倉丘のもの、ということで買っているが、不勉強なので私にはわからない。
「蒼丘子」とあり、落款も今流通する戦後のものとは違うようなので、
本物だとすれば若書きなのかもしれない。
のんちゃんに言われて気づいたのだが、左端が切れているので元々下書きなのか?
(切れていてバランスが悪いかというと、ちょうどよい非対称、、意図したものか。)

IMG_5915.jpg

凄く、綺麗な筆なのだ。
線はやっぱり日本画の命であるのだが、近代的な写実でもあり、
西洋のボタニカルアートとはまた違う、こういうの、おうちに飾りたし、って思う。
支柱に支えられた菊の茎など、あぁ、菊ってこうだよなぁ・・って思い出すもの。
(売り物にする切り花を整える手伝いをしたことを思い出した、リアルな実感!)
空気の澄んでくるこの季節、このような美しい線を眺めるの楽し。

IMG_5913.jpg

この一重切は楕円に育ったしっとりとした竹でつくられていて、
これもまた、ちょうど十三夜の月のように日本のものらしい不完全なるものである。
関連記事
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示