FC2ブログ
2019/10/24.Thu

霜降る頃 (清染付花入)

朝早くなんとなく目覚め、少し肌寒かったので膝掛けを出す。
昨日は「霜降」だったのだそうで、次は「立冬」だから秋も終わりである。
だけど、、夏とまでは言わないにしてもこの辺りはいつまでも気温が高く、
秋らしい時期がすっかり失われている気がする。

IMG_5957.jpg

それでも季節は進んでいて、ホトトギスの開花のあとは、
菊の類が咲き始める。
去年の今頃旅先で見つけた園芸品種の真っ赤な小菊。
小さなポット苗だったが、今年は一枝失敬できるほどには育った。

咲いたら何にいれようかな、と楽しみにしていたけれど、
旅先で思いがけずこれを見つけたとき、あぁきっと小菊が似合うな、と思い浮かんだ。
近ごろは、庭に花が咲けば一枝切って楽しむそのような日々、
そんな中でふと花入を見かけるのである。

IMG_5947.jpg

清のはじめぐらいのもの、ということであったがどうだろう、
ぼろっちいまでに古い箱に少し前の札があって、古染付とあった。
売主の仰る通り、明末などはないであろうが、厚手の造りは清でも日本注文の末裔と言うのは贔屓だろうか。

IMG_5950.jpg

裏に描かれた、このお山にぐっときてしまったのねぇ。

IMG_5956.jpg

表の笑っちゃうよなおぢさんもお気に入り。
まぁ、正真正銘明末古染の、一見ユルそうでも格調高いお品とは比較にもならないけれど、
圧倒的に美しいというのも、何か正論をかざすようで、ときには引けたりするものだ。
強者の論理など微塵もなさそうなところが、取り柄と言えば取り柄なのかもしれない。

IMG_5958.jpg

それにしても小菊の愛らしいことである。
ずいぶん昔、アンケートで年齢が上がると好きな花の上位が「菊」になる、と読んだ。
その頃はイングリッシュガーデンのはしりだったから、今の中高年の好きな花はもう「薔薇」かもしれない。
だけど今や三毛庵も、庭の片隅に咲く菊を愛でる心情がよく分かるおトシになったのだ。
そうなったのが寂しいかというとそうではなく、分かる世界が拡がったのだと知った。

IMG_5959.jpg

さて、毎年のお楽しみ、鳥取の新興梨を買いにお出かけして、
帰りしな、大徳醤油さんの地元限定の生醤油があるのを思い出して買い物に寄った。
おいしそうな純米の地酒が置かれていたので・・・
金魚ちゃんをゲットした!!
(三毛庵宅は空前のお金魚様ブームなのである。)

IMG_5960.jpg

どちらもジャケ買いと言えそうだが(笑)、でも本格派のお酒なのだよ♪
金魚のほうは発泡にごり酒、楽しみ~。

IMG_5954.jpg

週末にはお金魚様と小菊で一杯、ってところでせうか。
関連記事
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示