FC2ブログ
2019/11/18.Mon

備忘録とか (プレスガラスキャンディボックス)

IMG_5965.jpg

渋柿を少しだけ、吊るす。
こんなふうに、やりたいことはたくさんあれど、余力がない。
あまり器用とは言えない三毛庵であるので、日々優先度の高いやつからしていくと、
だいたいブログには辿り着けないのである。
ほんとうは、たまにはちょろっと振り返るための記録ぐらいしたいものだけどなー。
でもまぁ、その時その時で一番だいじなことができていればそれが仕合せというものだ。
美味しくご飯をいただく、ここちよい布団で眠る、、全力で暮せた日のご褒美。

IMG_5966.jpg

もっと住処をいい感じにしたい、お掃除もしたいとか思うけれど、
毎日行き倒れて挫折する。
なのでここでも優先順位をつけることにして、、願わくば水廻りを散らかさずに、と。
実をいうとこれはお手洗いの棚なのだけど、水廻りをそれなりに保てば何とはなしに安堵する。
あの、トイレ掃除開運説などそんな神頼みってなんかちゃうやろ、などと思ってしまうのであるが、
せめて水廻りのような汚れるところだけでもなんとかできれば、自己肯定感が増す気がする。

という訳で、のんちゃんがポスターで制作した長谷川りん二郎のタロー様に、
お気に入りの無色のプレスガラスたちを。

IMG_5968.jpg

この二つはまだ載せてなかった気がする。
どちらもありそうでもなかなかない、ツウなお品だと思うのだけど、
(現に左はSさんに譲ってもらったけれど、Sさんも気に入っているようだった。)
ウチのトイレを借りる方々には、この素晴らしさに驚くお方はおられないのである(笑)。
右の四角いのは、先客に値切られてへそを曲げていた主から譲ってもらった、
佳いと思えば素直に褒めることも大切である、うむ。

という訳で、水廻り脱生活臭計画についてであった。

IMG_5962.jpg

今年植えたノコンギク、清澄野紺菊。
ノコンギク「夕映」の鮮やかさも晩秋によいものだけれど、これはいかにも茶花らしい。
小ぶりで淡い花に黒軸で、庭で楚々と咲いている。
ヤマボウシの要らない枝を失敬。
年々秋というものが失われてゆく、その時々、綺麗だなーって思っておかないと。

IMG_5961.jpg

備忘録:
先日は星野画廊さんに藤田龍児展を見にゆく。
(貴重な余力は使うべきところで使わないと。)
いつでも一点ぐらい小品が掛かっていて、星野さんが大切にしている画家なのだとは思っていたが、
過去の自分は、あーきっとまだ私の理解が届いていないのだ、そういう気がしていた。
でもなんとなく、いつか機が熟することがあるような、そういう予感もあったかもしれない。
佳い展覧会だった。(やはり現物を見ないと、ほんとうの良さはわからない。)
半身不随になって絵筆を持ち替えた後の作風は、一見素朴派だけれど、違うと思う。
体の自由を失って、精神の自由を得たというべきか。
(倒れる前の、日本の伝統を踏まえた鬼気迫る作品ももちろん素晴らしかったが。)
精神は自由、周到に練られたであろう巧みに隠された作為、
素直に楽しむこともできるし、いつまでも眺めて考え込むこともできる。
佳い絵について、その画家の生き方を強調するのは精神論のようで好まないけれど
(不染鉄について、やたらと心の磨きようを強調するのには少し違和感がある。)、
でもやはり、絵というものにはどれだけ鍛錬を積んだかとか、
どれだけ描くことに熱意を燃やしたかというような、見えない部分が現れると思う。
絵を見て、そのとき画家が思ったことなど分かろうはずはない、と洲之内徹も書いていた気がするが、
それでも、心が動くということには理由があると思う。
見た人が感じ取れる何かのためには、その何十倍、何百倍ものエネルギーが必要だ。
目に見える部分の下には膨大な根っこがあるのだ。
だから、根っこの中のひとつ、日々画家がどう生きたか、というやつが養分を吸い上げて、
それが絵となって咲いているのを垣間見ることはあるのかもしれないけれど。

私にとって佳い絵というのは、一体どういうものであろう、と折に触れ考えてみるのであるが。。
関連記事
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
絵のこと | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示