FC2ブログ
2020/01/16.Thu

小さき椿、小さきお皿 (御深井豆角皿)

IMG_6068.jpg

銀葉椿が開花。
飛騨高山の朝市で買い、大きめの鉢に植えたせいか一年休んだけれど、
今年はいくつか花芽が付いた。
メタリックシルバーでぎざぎざの縁が覆輪の小さな葉っぱは、
茶花というよりガーデンプランツとして優秀であるが、
それほどの整形花でもない(特に初花は)花は、茶花的な魅力がある。
それはやっぱり、ふっくらと美味しそうな黄身餡みたいな蕊と
小さめで甘いピンク色の花びらのバランスにあるように思う。
でも、均整がとれているものを美しいと感じるのはわかりやすいけれど、
一見不完全なものに魅力を感じるというのはどのようなこころの動きなのであろう。
移ろいゆく四季のなかでの暮らしが関係するのかもしれないなどと思うけれど、
では、他国の美意識というものがどのように成り立っているか、そういえば考えてはみなかった。

IMG_6045.jpg

開き始めのころ、、蕾がほころぶのはよいものだ。
花が咲くと、それだけで一日満ち足りた気持ちになるなぁ。

IMG_6034.jpg

お正月に六花亭の紅白餅をいただく。

IMG_6077.jpg

お皿は瀬戸系の豆皿
御深井といっていいのかもしれないけれど黄瀬戸のような卯の斑が珍しい。
一枚一枚垂らし方が違っているのが愉しく、昔の人は小洒落たものを作るなぁ、と感心する。

IMG_6079.jpg

ちびっこなのに眺めて見飽きない。

IMG_6078.jpg

裏は四つ足がついていて抜かりなく、小さくともホンモノなのである。

(↓庭の記録)
年末年始とずっとバタバタしていて、日々の暮らしも思うようにならないなかで、
十分とは言えないお世話でも花が咲いて、慰められる思いがする。

IMG_6071.jpg

先日の日本寒咲の八重、もう一本の花芽はそのまま庭で楽しもうかな。

IMG_6073.jpg

スノードロップはもうすぐ開花。暖地でもなんとか地植えでもってくれるのがうれしい。
なかなか殖えるというまではいかないのは、うちの管理のせいなのかはわからないけど。

IMG_6070.jpg

メリクロン苗のヘレボルス・ニゲル、ミヨシのダブルファンタジー。
一年目から開花してくれるのはうれしいな。

IMG_6069.jpg

去年夏越しに成功して大株になったミニシクラメン。
品種が分からないのだけど、控えめな八重咲で小鳥のような可愛い花。
やっと初花が咲き、蕾もたくさんあって楽しみ。

IMG_6074.jpg

花の一番寂しいこの時期に出回る、早く開花させたティタティタ。
蕾がたくさんついたポット苗はお安く、毎年つい買ってしまうのだけど、
花が済み次第、庭に植えておけば毎年開花するので、損はないお買い物。

IMG_6075.jpg

キルタンサスは近所の路地で鉢植えで開花しているのを見て、昔手に入れたもの。
鉢に植えっぱなしであまり肥料も求めないのに暖地では冬にちゃんと咲くスグレモノ。
たぶん過湿は嫌いなのかな?鉢植えで忘れがちな管理がいい様子。

IMG_6076.jpg

ピンクのほうはもう開花して、春先まで次々に咲く。
いくらなんでも鉢替えが要るぐらいぎゅうぎゅうなので、そろそろなんとかしなければ。

関連記事
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示