FC2ブログ
2020/04/20.Mon

去年の桜 (王地山焼染付氷裂梅文猪口)

天神さんや弘法さんは日にちが決まってるので
お休みの日に当たると楽しみであったものだが、屋外の市すら中止とは寂しい。
致し方のないことではあろうけれど、、。
ネットでもよいし、業者の方には頑張っていただきたい。
だけど市をぶらぶらして会話をすることがやっぱり楽しいと思う。平和は大事。

毎日ご飯作ったり洗濯したり、花に水を遣り、金魚に餌をやる。
今のところこれは平和。ありがたいです。
母世代には戦争の記憶があり、少しだけ聞いたことがある。
母方の実家は生産も兼ねた花屋であったが、戦争になって
祖父が花を全て処分し、代わりに野菜を植えたのだと聞いた。
野菜作りを手伝いに来た人は、代わりに出来たものをもらって帰ったそうだ。
花がみんな処分されてしまったことが母には随分記憶に残ったようである。
我が家の庭も日々緑が鮮やかになってゆくのであるが、
この先もこの姿を守って行ける時代であるのかわからない。
わからないけど、わからないから今一生懸命お世話しよう、と思うのだ。

IMG_6373.jpg

すっかり季節外れだけど、可愛いので許してね。
氷裂梅文の小猪口である。

IMG_6372.jpg

迷った末にセットで戴いた。
思えばその後大半の市が中止になったので、
いろんな意味で買っておいてよかったのかもしれない。
古い王地山焼ではないかとのことであったので、そのように記した。
三田かもしれないが、見掛けない、上手物なのでそうではないか、との由。

IMG_6375.jpg

私には何か、判断ができないなぁ。。この世界は奥が深い。
でもとろっと美味しそうな釉薬で、眺めているだけで癒される。

IMG_6374.jpg

覗くと・・・フシギな形!クルスかなぁ?などと想像を膨らませる。
某大阪の北部で出たとのことで、大阪の北部には隠れキリシタンの里あるしなー、
とは妄想だけどね。(そこで焼いたわけじゃないだろうから(笑))
このフシギな形に純米入れて飲んでみたいなーなんてちょびっと思うが、
まだ実行には移していない。

ということで本日もふるものを愛でることができ感謝♪
よろしければ一緒に愛でていただければ幸いです。

IMG_6371.jpg

このところは春という季節もないよな気候変動ぶりであるが、
この春はなかなか気温が上がらない。
そんな中、一番に咲いた薔薇は、ブールソールという系統のオールドローズ。
マダム・サンシード・パラベールを植えたはずであるが、
モーレッティー・・・のような気がする。まぁ、この薔薇がうちに来たかったのだろう。
難なく咲いてはどんどん散ってゆく薔薇で、
風に煽られてあさってのほうを向いていたのを切ってきた。
トゲもないので茶花にしてもいいのかなと思う。ほんのり甘い香り。
去年の春が初花で、爽やかな気候のうちに咲いてくれるこの花は
その気候ゆえか実家の初夏の昔の庭を思い出させる、、私の中では平和の薔薇。
そういえば、去年の今頃友人が吉野の桜を見に来た時に、
「来年もある」などとは思わないことだ、と互いに言い合ったのであるが、
それはこういうことだったかと思う。
お正月には無理を言って向こうで集まってもらったのだけれど、
無理を言ってつくづくよかった。

今日は大したこともしていないけれど、日記ぐらいは書けてよかった。
関連記事
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示