2006/06/02.Fri

ラベンダーの剪定

今とっても腰痛。
ラベンダーがそろそろ終わってきたので、梅雨で蒸れる前に、と剪定をしたのだ。
しゃがみこんで、切り戻しても大丈夫そうな位置を見極めて刈っていく。
大きくなりすぎて手前のばらを圧していたので、かなり思いきって切った。
でも株がとても大きいので、また伸びだしたらばらのほうに倒れてきそう・・・。
何か柵みたいのを作ったほうがいいのかも知れない。
明日はばらの周りの草を少し間引いて整理して、ばらのために肥料をあげよう。
今年はちゃんと手入れをして、いい枝を育てたいな。
(去年の不摂生のせいか、‘ザ・プリンス’の黒点病がひどくてちょっと凹んでいる・・・。)
今日は剪定した枝を煮出して、ラベンダー風呂で腰痛を癒そうかな?

このところあちこちのばらの栽培ブログを眺めたり、ネットショッピングや
オークションを眺めたり・・・。
イングリッシュローズのような庭向けのばら以外にも、いろいろ素敵な品種があるのだなあ、
と思った。切花向けの珍しい品種なんかは、オークションで高値取引されていたり・・・。
(しかし、挿し木を個人で楽しむのは別として、売っていいのか!?)
ちょっといろいろ気になっているのだけど、あんまり鉢植えを増やすと旅行のときに
水遣りで困るからなあ・・・。
元気になってくると欲望に際限がなくなって困ってしまう。

<記録>
・就寝3:00/起床11:00
・朝昼食:トースト、コーヒー
 夕食:ご飯、はもの照り焼き、茄子の炊いたん、スパゲティーサラダ

‘ニュー・ドーン’ひらひらと/黄花ボタンカラマツ開花/渦紫陽花がそろそろ
20060602214157.jpg 20060602214205.jpg 20060602214212.jpg

夏用に植えたインパチェンス/昔からある小さいツツジ/‘アルバ・メイディランド’退色
20060602214222.jpg 20060602214231.jpg 20060602214238.jpg

ピンク苺に実がなった
20060602214302.jpg

関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
庭仕事 | Comments(3) | Trackback(0)
Comment
こんばんわ。
うちにも鉢植えのラベンダーがあるのだけど、ドライフラワー用に何本か適当に切った後、元気がありません(涙)やっぱり地植えにした方がいいのでしょうか?それとも一回り大きな鉢に移すとか・・?切り戻しの位置もわかりません。
・・・ってガーデニング相談室になっちゃいました(笑)

週末は岐阜に行かれるのかな?
我が家の近くを通っていかれるのかなと思うとワクワクしちゃいます^^。よろしければお寄りになって(~ ̄▽ ̄)~
紫陽花がもう咲きそうと言うか
咲いてるんですね。
うちのはまだもう少しです。
サラリさんへ

私も今日改めて剪定したラベンダーを見て、「ほんとにこんなにやっちゃって大丈夫か~」と、思ってしまいました(笑。
うちのはデンタータ・ラベンダーという、ぎざぎざの葉っぱので、暑さに強い丈夫なヤツです。
暑さに弱いのもあるので、そういうのはもしかしてなかなか脇芽が出ないかも・・・。
普通は花茎の付け根の少し下ぐらいからカットするとそのうち脇芽が出てきます。
大胆に切るときは、少しでも緑の葉っぱが残る位置で切ってるんですけどね・・・。
私もけっこういい加減ですよ~。

こじぞうさんへ

渦紫陽花、すごく丈夫で茂りすぎていまいちかわいくありません・・・。
今年はがつんと剪定してやろうと思ったりして。
でもほんと、ちゃんと梅雨になる頃に咲くのですね!

管理者のみに表示