FC2ブログ
2006/06/09.Fri

ユリが咲く

今日は庭に出てみると、最初のユリの花が咲いていた。
深い紅色のユリ、こんなのいったいいつ植えたんだろう?
春のように爆発的に花が咲くということはないけれど、ぽつんぽつんと何かが咲く。
梅雨の最初の雨は朝上がって、涼しい曇り空だったので、昨日に引き続き草むしりをする。
ムラサキカタバミを球根ごとスッと抜くのがなかなかおもしろかったりして。
それが終わると、今度は大きくなりすぎて蒸れそうなエリゲロンを剪定。
梅雨に向けて庭をすっきりさせておく。
ダンゴムシにやられていることに気づいたギボウシ、よく観察するとヤツ等の手口が・・・。
まず葉っぱの付け根をがじがじかじり、葉っぱが地面に倒れると、
今度は地面に着いたところから葉っぱをかじる。
小さいギボウシの葉っぱを、三日ぐらいでみんなで一枚平らげていた。
早くなんとかしなくっちゃ。

追記
これを書いた後、車で大阪の北の山へ行き、蛍を見てきた。
たぶんまだ出始めた頃だと思うけど、ぽわんぽわんと光っていた。きれいだったな。

<記録>
・就寝1:00/起床10:30
・朝食:トースト、コーヒー
 昼食:焼き飯、もずくスープ
 夕食:ご飯、生姜焼き風焼肉、サラダ、えんどうのヒスイ煮

いつ植えたかも覚えていない、深い色のユリ
花フェスタで買った、グリーンの花のニコチアナ(花タバコ)
今年買ったオレガノ‘ケント・ビューティー’、夏越しが課題
20060609192925.jpg 20060609192933.jpg 20060609192943.jpg

関連記事
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
庭仕事 | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
この色のユリ初めてみました。
大人っぽくてステキですね。
相変わらずお庭仕事頑張ってるようですね。
これだけたくさんあるとお世話も大変ですよね。
でも大変なのが楽しかったりしますよね(笑)
私も、先週の温泉旅行で蛍をみました。
とっても幻想的で感動しました!
手に止まってくれたりして、びっくりでした
蛍をあんなに見たのは、初めてです。
近くに蛍がいるなんて、ほんとにいいですね。
こちらも昨日は雨が昼前に上がり、「草むしり」の絶好のチャンスだったのに、できませんでした・・・^^;。
ミケアさんはちゃんとお庭の手入れをされているので、お花達も幸せですね^^。

蛍の光って本当に幻想的ですね。しばらく見てないなぁ~。
うちの蚕も繭を作り始めました。ある意味幻想的です^^。
だんごむしって、害虫なんですね~(>_<)
知りませんでした…。
うちの息子っちを派遣したいです。
名づけて『だんごむし撃退戦士』(ただの収集家)
だんごむしを見つけては箱に入れて
山ほどつかまえてきます…(ーー;)
こっちはびっくりです「そ、そ、そんなにどこから!?」って…。
なのできっとお役に立つことかと…(笑)
ゆり、とっても深い色でミステリアスな感じですね。。。
こんばんは^^
>ぽつんぽつんと何かが咲く
忘れた頃に?だとしたら。。。
いつもお庭をお手入れされているミケアさんへ、お花たちからの贈り物かもね♪

蛍、東京の真ん中でも見れるところがあるんですって。
ホテルの庭なんですけどね。
先日テレビで見て、東京で!と感動しました。
蛍とかキャンドルとか、消えそうで消えない灯りって儚げで好きです。
ころれれさんへ

そうなんです、大変なのが楽しかったりするんですよね。
あれもしなくっちゃ、これもしなくっちゃ・・・って。
不思議です、ついこの前まではおっくう以外の何ものでもなかったのに。

にゃんたろうさんへ

温泉旅行で蛍、、、なんて風流な!!
いいなあ~♪しかも手載り蛍とは。
うちの近くはたぶんまだ出初めで、そんなに数は多くなかったんで、また行くつもりです。

サラリさんへ

調子がいまいちのときはのんびりしてくださいまし。
うちのお花たちは、去年までどうやって生き延びていたのやら、です。
今年は水の遣りすぎに気をつけたほうがいいかもしれません(笑。
お蚕さん元気なようで何よりです♪

towaさんへ

おぉ、そうですか~、是非息子さんを派遣してください(笑。
子供って何でも集めちゃいますね~。
やっぱり勉強だから、あんまり嫌がっちゃいけないですしね。
ユリの色を見て、昔の私はどんな気分でこれを選んだのかな~、って思いました。

ちょこさんへ

本当に素敵な贈り物です♪
私が元気になるのを待っていてくれたのかな。
蛍のぽわんぽわんと光るリズム、素敵ですよね。夢を見てるみたいです。

管理者のみに表示
« 誘惑に負けた | HOME | 入梅 »