2006/10/20.Fri

野の花

病院から三宮駅へ向かう道には、私の好きなお店が色々あっていつも誘惑される。
骨董屋さんもそうだし、小さな山野草屋さんも何故か二軒ある。
買うまいと思いつつも、季節を感じたくてついついいつものぞいてしまう。
今日まず目に留まったのは小さな鉢に植わった花ラッキョ、つぼみが、
これから咲くぞ~、とばかりに伸びてきていて、可愛らしい。
20061020213435.jpg

それから、艶やかな紫色のアキギリ。
これは地植えにすれば1mほどになるらしいので購入。
サルビアの仲間の日本の野草で、庭に植えるのなら華やかな洋種のサルビアを植えれば
いいような気もするけど、山野草の楚々とした風情には惹かれてしまう。
20061020213447.jpg

そして岩シャジン、秋にゆらゆら揺れるように咲くシャジンの仲間は大好きなのだけれど、
どうしても夏越しが難しいイメージがあり、二の足を踏んでいた。
でもお店の人に「開花してるので随分安くしてるからどう?」といわれ、「挑戦しようかな?」と。
安くしてるって言っても山野草は高いんだけどね・笑。
でも確かに株が大きい割にはお得だったとは思う。
20061020213459.jpg

そして最後はカリアンドラ・エマルギナタ、合歓の木の仲間。
英名でパウダー・パフといわれる、その可愛い花に一目惚れ。
お店の人は「合歓の木、夜になるとこの葉っぱが閉じるの」といっていた。
葉っぱとかがちょっと違うし、この時期に咲いているから、きっと外国の合歓の仲間だな、
って思って調べたら、この難しい名前だった。
でもちょっと計算外だったのは、どうやら耐寒性がなさそうだということ。
(お店の人は「外で大丈夫」って言ってたんだけど~。)
我が家は冬、家の中も寒いのだ。。。大丈夫かな?
20061020213513.jpg


こんなにたくさん買ってしまって、また置き場所を探してうろうろしなければ。
いつもばらの庭の本を見て、「こんな華やかな庭、きれいだな~」って思うのに、
山野草を見ると、なんとなく草むらのように生い茂ってぽつりぽつりと花の咲く、
そういう庭に身を置きたいとも思ってしまう。
あぁ、やっぱり私の庭仕事は永遠に垢抜けないなぁ。

今日のお茶の時間、小城羊羹と焙じ茶。小城羊羹は外はカチカチ中はとろりとしていた。
20061020213527.jpg

加茂本阿弥、椿が咲くと冬が近づく/ミナ・ロバータ/ワイルド・ストロベリー
20061020220724.jpg 20061020220741.jpg 20061020220822.jpg

ミミ・エデン、夏の薄っぺらな花がだんだん巻き巻きに/ジュリア、春苗からようやく開花へ
20061020220754.jpg 20061020220807.jpg

関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
庭仕事 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
お買い物してきたんですね。
パウダー・パフという花、自分が道端で見かけた花に似てます。
かわいいですね。
花火のようにも見えるし、フワフワの綿みたいにも見える!
またまたお買い物ですね(笑)
つい買っちゃう気持ちよ~く分かります。
バラの花と野の花の組み合わせも、和洋折衷できっと風情があるのでしょうね。

三宮といえば、センター街の中にある化粧品店に時々行ってました。まだあるのかな?神戸嬢はとてもキラキラ華やかなので、参考にさせてもらっていましたよ(笑)
今回も沢山買いましたね~~~!
ほんと、ミケアさんのお庭、いってみたい~~!

綺麗なお花が年中さいてるんだろうな~・・・
ころれれさんへ

パウダーパフに似た花が道端にあったんですか、見てみたいな~。
夜見たら、ちゃんと葉っぱをパタンと閉じておやすみしてましたよ。

サラリさんへ

サラリさんは神戸にも繰り出していたのですね!
もしかしてセレブな化粧品を使われていたのでしょうか(笑。
神戸嬢キレイですよね~。

にゃんたろうさんへ

元気になったのはいいけれど、物欲復活・・・いいんでしょうかね(笑。
うちの庭、茫々ですよ、ホントに!
だからにゃんずは喜んでくれるかも、です。

管理者のみに表示