2006/11/01.Wed

鳥取、梨と山根窯

10月21日(土)、毎年恒例の鳥取梨買いドライブに行ってきました。
お目当ては丁度今ごろから採れる新興梨で、大きくてみずみずしくて甘酸っぱい品種です。
それともう一つ、以前から気になっていた窯元にいってみることにしました。
前日の晩に出発し、夜辰巳峠というところで車中泊、翌朝人形峠を通って倉吉へ向かいました。
途中、道の駅「楽市楽座」に寄り、いつものように100円野菜をいろいろ購入します。
隣には山野草屋さんがあり、こちらも気になりちらちらと物色。

倉吉では白壁土蔵群をしばし見物・・・去年よりまた少し景観が整えられた感じです。
お土産屋さん、造り酒屋、お醤油の醸造元、アンティーク家具屋さん、竹細工屋さんなど、
こじんまりとはしていますが、いろいろなお店があります。
アンティーク家具屋さんで、水牛の角のアイスクリームスプーン(アジア民芸品)を買いました。
そして、いつものように「きしだ農園」さんの直売所で新興梨を買いました。
大玉の自宅用を一箱、それからかご盛りの少し小さいのも・・・。
いつもお友達にあげたりするのですぐなくなってしまいます。
20061031205539.jpg 20061031205546.jpg 20061031205553.jpg

20061031205745.jpg 20061031205818.jpg 20061101204019.jpg

お昼ごはんは、「土蔵そば」さんで・・・。/街で見かけたうさぎさん
20061031205827.jpg 20061031205751.jpg

さて、倉吉を後にすると、途中でりんごの「王林」なども仕入れながら次の目的地へ。
うちにあるガイドブックに載っていた、「山根窯」さんです。
山陽山陰地方は、かのバーナード・リーチなどが訪問しており、民芸運動が盛んなのです。
そんな訳で、例えば島根なら「湯町窯」とか「出西窯」といった素敵な窯があります。
山根窯も民芸運動の影響を受けている窯のようで、青谷町というところにあります。
一帯は因州和紙の里だそうです。
ここで生まれ育った石原幸二さんという方が山根窯の主です。
青谷の集落のはずれ、山ふところにいだかれた一軒家が山根窯でした。
車を降りると、ちょうどご主人と奥様が薪を作っているところで、
黒い子犬が転げるように走ってきて迎えてくれました。めちゃくちゃ可愛い子犬です。
何の連絡もなくおじゃましたのですが快く迎えてくださり、作品を展示している
自宅の部屋に通してくださいました。
丁度年に2度の窯出しをして、展示会をする前だったらしく、とてもたくさんのやきものが。
何というか、その部屋はとても気持ちのいい空間でした。
清潔で、無垢の木をふんだんに使った明るい部屋に、とても素敵な木工芸の椅子を置き、
壁には李朝の民画など、骨董類が飾ってありました。
奥様が挽きたてらしい香り高いコーヒーを出してくださり、思いがけず寛いでしまいました。
石原さんと奥様、のんちゃんと私で随分長い間おしゃべりしました。
今考えると、おふたりはいろいろすることもあったと思うのですが・・・。
おおらかそうなご主人に、奥様もとても明るい方だったので、居心地よかったんですね。
やきもののお仕事のことを少し伺ったりもしたのですが、どちらかというと
私たちがいつもこんな旅行をしていることなど、下らない話ばかりしてしまいました。
ご主人は骨董や庭木、苔!などと趣味の多そうな方で、そういう話もはずみました。
20061031205855.jpg 20061031205902.jpg 20061031205909.jpg

さて、お目当ての器を見せていただきます。
いろいろな大きさのお皿やカップ、ティーポットやミルクピッチャーに壁掛けもあります。
私の好きなスリップウェア(色の異なる化粧土で模様を線描きした器)も色々ありました。
散々迷った挙げ句、スリップウェアの鉢にすることにしました(下写真左)。
どっしりしていて、テーブルの上でとても落ち着きがいい感じがします。
ポテトサラダを入れると映えるかな、と思いました。
なんでもこの形は今回初めて作ってみたそうなのです。じゃあお試し第一号ですね。
ちょっとフンパツしたかな~と思っていたら、なんと素敵なカップをひとつ、
おみやげにつけてくださいました(下写真右)。
山根窯の定番品だそうで、ご主人は「狸のおなか」とおっしゃってました。
実はこれにはティーポットもあり、私の見たガイドブックに載っていたものなのです。
これを見て「こんな満ち足りたような器があるのなら、きっと素敵な窯だろうな。」って思い、
今回訪ねてみることにしたものなのです。
使い心地もなかなか良いので、もう一つ買ってペアにしたいなと思いました。
次回行く楽しみができた次第です♪
20061101204038.jpg 20061101204031.jpg

そんな風にとても楽しい時間を過ごし、帰りに子犬の写真をパチリ・・・
遊んでくれると思ったこの子は飛び跳ねて喜んでいました。

他にも行きたいところはあったのですが、すっかり時間切れになり、帰路に着きました。
因幡のしろうさぎの白兎海岸の道の駅に寄ると、そこではおいしそうなお魚が売られていました。
生物はちょっと大変なので、はたはたの一夜干しを買うことに。
晩ご飯は途中のおうどんやさんで、「おじやうどん」なるものをいただきました。
もちろん、うどんとご飯が煮込まれたもので、疲れた体にじんわり美味しい味でした。
そんな感じでこの日の旅は終了です。
20061031211618.jpg 20061031211551.jpg


関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
| Comments(4) | Trackback(0)
Comment
わお!今回は鳥取ですか!
倉吉というところは初めて知りました。
(砂丘と三朝温泉なら行った事あります。)
サラリ地区からはかなり遠いのですが、関西からなら、日帰りも可能ですね。

山根窯さんとは、これからも長いお付き合いになるかも^^。気に入った器を窯元で求めるなんて、カッコイイです。
いつも普段使いで購入されているところが気取っていなくて、なんというかミケアさんらしいです(笑)
ワンちゃんかわいい~~!!
鳥取には行ったことがありません。
砂丘と梨しか思い浮かばなかったのですが、
素敵な町並みですね。

盛りだくさんな1日、アクティブなのになんだかゆっくりした時間の流れも感じられて・・・うらやましい旅行ですね。
鳥取ですか!
行った事ないないな~。

ほんとよく旅行にいかれてますね。
うらやましいです・・。

って私たちも明日温泉ですが・・・
サラリさんへ

山根窯さん、楽しかったです~。ワンちゃんがほんとうに可愛くって。
(今度行ったらきっと大きくなってるんでしょうね。)
あんまりものを増やすまい、と一応は思ったりもするのですが、ついつい・・・です(笑。
でも旅の思い出になって、日々使って、っていろんな意味で楽しめます。

あっちゃんさんへ

倉吉の美観地区はそんなに大きくないので、ぶらっと日帰りドライブぐらいの感覚で
行くには丁度いい感じなんです。
山根窯に寄って、なんだかとても贅沢な時間を過ごせました。

にゃんたろうさんへ

旅行というのか限りなく日帰りドライブというのか・・・。
丁度一年前、ブログを始めた頃にも倉吉に行ってるんですよ。
そのときはまだこんなに気力充実してなかったんですよね~。
お金を使ったりすることにも少しストレスを感じてました。
元気になったらお小遣いもどんどん減ってます(笑。

管理者のみに表示