2005/10/20.Thu

こんな鬱生活

 4年ほど前から、気分障害(鬱状態)で仕事を休んで自宅療養中です。その数年前から、過労とストレスで体調が思わしくなかったのですが、実は既に鬱状態だったようです。

 私の今の症状はこんな感じです。
  ・過眠(昼迄全く起きれない、日中覚醒しないことも)
  ・エネルギーの余力がない(すぐ電池切れになる)
  ・意欲が湧かず、おっくう
  ・好きなことに関心が持てない
  ・決断力がない

ということで、今はこんな日常を過ごしています。
●仕事
身体的に「起きれない」のと「余力がない」ので、働けません。過眠は、不眠のつらさに比べればずっとましだけれど、やはり罪悪感を伴います。(あんなに頑張り屋さんだった私が起きれないなんて!)
●生活
 ◇お掃除
 どうにもおっくうで、一大決心をしないとお掃除が出来ません。なんというか、
 脳から手足を動かす指令が上手く伝わらない感じで、やりとげるのにくたくたになります。
 ◇買い物・料理
 食事の支度は結構平気です。(決断力の低下で、メニューがすぐにきまらないこともあるけれど。)
 ◇洗濯
 朝起きれないので、家の人が済ませています・涙。
●趣味
好きなことへの関心は少し戻りつつあり、
 ◇読書(鬱の症状に、活字が頭に入らない、というのもある)
 ◇音楽鑑賞(音楽すらうっとおしいときも)
などは、かなり支障がなくなりました。でも・・・
 ◇庭仕事(好きなお花を買っても、どうしても植え替えがおっくう・・・庭茫々!)
 ◇骨董(以前ほど関心が湧かない、お金を遣う決心がつかない)
は、すっかり「私らしくなく」なり、これって結構哀しいです。(多趣味が自慢だったのに・・・)
 ◇旅行・ドライブ(ここでも起きれない、余力がないのが問題なのだけど)
楽しいことはやってOK、と医者に言われており、ちょこちょこ出掛けています。
助手席に座ってぼーっと景色を眺めるのは悪くないです。

どうですか?
これじゃ現代の贅沢病、ですよね。。。
でも、鬱的思考なのか、働けないことを悲観したり、日々を楽しめなかったりしてしまいます。
だからここで、自分の目と心を、本当は輝いている日々に向けたいと思いました。
うまくできると、いいです。

この病で、こんなんじゃない、死ぬほどの苦しみを味わっている人、いっぱいいます。
だから近くに鬱の人がいても、この程度とは思わないでくださいね。
(私にもそのような時が全くなかった訳ではありませんが、矢張り私は軽症なんだと思います。)

鬱って何?という方は↓    
気分障害<鬱状態>とは脳の機能障害です。
インシュリンの分泌が不足して糖尿病になるように、何らかの原因で、脳内神経伝達物質が欠乏して起こるものといわれています。
脳の機能障害ですから、精神的なものだけではなく、さまざまな身体的症状を伴うこともあります。また、人によって、或いは同じ人でも時期によって、その症状もかなり異なります。
詳しくは下記が参考になると思います。
http://www.pref.kyoto.jp/health/health/health04_a.html
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
| Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示