2009/06/20.Sat

東京・絵のある小さな旅

6月13日~14日、東京に遊びに行ってきました~。
目的は「日本の美術館名品展」(7/5迄)を見ることだったのですが、、、
例によってみっちり企画を盛り込んできましたよ♪

行程はこんな感じ。。。
13日(土) 武相荘(旧白洲邸)-山種美術館ー大坊珈琲店ーホテル
14日(日) 富岡八幡宮(骨董市)-東京都美術館-またも富岡八幡宮
武相荘は旧白洲次郎・正子邸です。
200906東京 002

私は二度目なのですが、のんちゃんは行ったことがなかったので行ってきました。
いつ行っても美しい佇まいで、こんな風に日々を慈しんで暮らせたら・・・と思ってしまいます。
家中どこも素敵なのですが、正子さんの書斎とか次郎さんの作業場所とか、
ふたりの暮らしぶりが息づく場所に強く惹かれました。
200906東京 001 200906東京 005
200906東京 008 200906東京 004

そこから今度は九段下(もうすぐ移転するそうですが)にある山種美術館に行きました。
ここは日本画の名品を沢山所蔵していて、今回は上村松園の展示をしていました。
200906東京 011

上村松園は美人画の第一人者の女流画家です。
江戸風俗を描いたのが鏑木清方なら、京の風俗を描いたのが松園です。
ふたりの違いは江戸と京の違い、男流と女流の違いとして捉えられると思います。
関西で暮らす女性の私にとっては「松園さん」はじっくり眺めたい画家なのです。

さて、そろそろ疲れてきたのでそこから表参道へ出て珈琲をいただきました。
200906東京 012
実はここにはこのお店の中を描いた絵が掛かっているのですが、
その絵が見たくて(もちろん珈琲もおいしいのですが)行ってきたのです。
想像していたよりも意外と小さな絵(いい絵は大きく感じますね)だったので、
なんだか抱えて逃げたくなりました(笑)。

そこからとことこ麻布まで歩いてホテルに行き、初日は終了です。

さて、二日目は東京都美術館に行くのみだったのですが、時間が余ってしまいます。
・・・ということで一度行ってみたかった東京の骨董市、富岡八幡宮に行きました♪
200906東京 014(あら・・・どこなのか分からない写真・笑)
せっかくなので、プレスガラスの氷コップ、会津本郷の紙刷り印判の小皿など買ってみました。

東京都美術館の「日本の美術館名品展」は日本各地の公立美術館の名品を
ちょっとずつ持ってきて展示するというおもしろい企画です。
(ずるいな~東京都民だけ全国へ行かずしてこんなたくさん名品を見れるのだから。)
洋画、日本の洋画、日本画と色々揃っていたのですが、近頃特に日本の近代美術に
はまっている私は日本の洋画を堪能してきました。

でも実は、東京に絵を見に行ったつもりが小さな絵を手にして帰ってきたのです。
富岡八幡宮で素敵なデッサンを見つけ、迷った挙げ句帰る前にも一度戻って
その絵を連れ帰ったのでした。
帰って眺めながら東京の思い出に浸っている日々です。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
| Comments(2) | Trackback(0)
Comment
ミケアさんへ
梅干し漬けをしていて。
そう言えばミケアさん元気にしてるんだろうな~と思い出し。
ブログを覗いてみると、まあ。
更新されていて。びっくりしました。

お久しぶりです。

私も自分のブログを放置してますが。。。
本当の生活がかなり充実してきて。
いろいろやりたいこととか出来るようになってきて。
なかなかパソコンに向かってゆっくりする時間がなかったりしますが。


また、遊びに来まーす。

ではでは。


シクラメンさんへ
シクラメンさん、お久しぶりです♪
思い出してくださってとてもうれしいです。
私もシクラメンさんに教えていただいた梅干作り3年目、
漬けながらどうされているかな~って思っていたんです!!
お互い梅干を漬けられる日々でよかったですね。
ブログに書き留めておきたいことは多々あるんですが、
私も私生活が充実したり、仕事を休まないように気をつけたりで
なかなか更新できません。
気まぐれになりますが、良かったらまた遊びに来てください♪

管理者のみに表示