FC2ブログ
2010/04/14.Wed

長谷川潾二郎(はせがわりんじろう)展

blog 5631

2010年4月17日(土)~6月13日(日)、平塚市美術館で『長谷川潾二郎展』が開かれます。
寡作で画壇とのつきあいもなかったためか、なかなか実際の絵を見る機会は少なく、
今回こんな美しいカタログ本も出版されて大回顧展が開かれるのは夢のようです♪
(画像の猫の絵が含まれた洲之内コレクションを追いかけて仙台やら松山に繰り出し、
寄贈された絵を見に函館まで行きましたとも!)

本の表紙の絵は、愛猫タローを6年かけて描いた物語とともに伝説となった猫の絵です。
洲之内徹が「猫が幸福なのか、描いた長谷川さんが幸福なのか、見ている私が幸福なのか
分らないが」と書いた絵です。
そこにあるのは、猫を愛している人ならみんな知っている、猫という柔らかなけものの
感触と、心を許した相手にしか見せない穏やかな眠りを見つめる幸せな時間の記憶です。

長谷川潾二郎の絵は一見すると素朴派のようであり、童話の世界のようでもあるのですが、
私はいつも、むしろその、透徹した眼差しに驚かされます。
人がもしも見るときに「考えて」しまうというそのフィルターを外したなら、
こんな風に事物は語るのであろうかという、
世界の秘密への入り口が一瞬開かれた思いにはっとするのです。
見ることは難しく、画家の描いたものであっても見てなどいない絵はたくさんあります。
是非会場へ出掛け、この画家の眼を借りて世界を見つめてみてください。

平明・静謐・孤高-長谷川潾二郎(はせがわりんじろう)展』
平塚市美術館 2010年4月17日(土)~6月13日(日) 
以降巡回
 下関市立美術館   7月1日~8月15日
 北海道立函館美術館 8月28日~10月17日
 宮城県美術館    10月23日~12月23日

図録兼書籍
『静かな奇譚 長谷川潾二郎画文集』 監修:土方明司  求龍堂



関連記事
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
絵のこと | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示