2010/05/27.Thu

絵描きの時代2<長谷川潾二郎展>

NHK教育 日曜美術館
『現実は精巧に造られた夢である  画家・長谷川潾(りん)二郎』

 2010年5月30日 午前9:00~
 2010年6月6日  午後8:00~(再放送)

先日こちらで紹介した展覧会についての放送です。
興味のある方は是非ご覧ください。

私も4月29日、展覧会へと足を運んだのですが、いろいろの想いがあってなかなかそのことを
書くことが出来ず、気づけば平塚での会期はあと僅かですね。
 
わざわざその日を選んで平塚に行ったのは、原田光氏(岩手県立美術館館長)の講演会、
「長谷川潾二郎の魅力」があったからです。
昨年、松山のセキ美術館で『洲之内徹とゆかりの画家たち 絵のなかの散歩』展を見に行き、
そのパンフに寄せられていた氏の文章に、私は泣きたいような、しんみりとした気持ちがしたのです。
そういえば、いろいろの本に氏が父君である洲之内徹のことを書いているものは、
どれもじっくり抑えて描いているけれどもせつなさがこぼれたようなものばかりだな、と思ったり。。。
それは原田光氏の遠い切ない気持ちなのか、洲之内徹のせつない生き方なのか、判然としないけれども。
だから一度氏の声を聞きたかった。
そんなことをいうと長谷川潾二郎に申し訳ないような気もするけれど・・・
でももちろん氏の語る潾二郎にもとても興味がありました。
(潾二郎の絵そのものは、いつも洲之内徹とセットで語るべきではないとも思うけれど・・・。)

平塚市美術館で過ごした時間はとても幸福な時間でした。
原田氏が潾二郎について語っていたことをあれこれ並べても仕方がないのだけれど、
最初にはっとしたのは、潾二郎の時代について「今よりずっと絵が私達のそばにあった頃」
というようなことをおっしゃった時(ごめんなさい、そう書きつつ本当にそう言ったかはちょっと怪しく!)。
そして潾二郎の絵を講演することについて、「ほんとうは美術館で学芸員が解説をするような絵
じゃなくて、家で部屋に掛けて日々眺める絵なんだけど」とおっしゃった時。
ああ、この展覧会は、潾二郎の絵を愛する人たちが本当に一生懸命作り上げたものなんだな、
と思わずにはいられませんでした。
この展覧会を企画し、あの素晴らしい図録も監修した土方明司氏(平塚市美術館館長代理)にしても、
個人蔵が大半の潾二郎の絵をこれだけ集めるのは並々ならぬ苦労だったと思います。
(原田光氏の講演も、土方氏が是非にとお願いして実現したそうです。)
海外から有名な美術館の絵をたくさん借りてきて巡回する展覧会も、日本にて他国の文化に
触れられるいい機会ではありますが、こうやって人々の努力と熱意で紡がれていく自国の文化に
もっと沢山の人たちに触れてもらえたらいいのになと思うのです。

潾二郎は確かに『絵描き』といえる人だったんだなと、展覧会を見てつくづく思いました。
絵を描くことが全てである人だったと・・・。
そういう『絵描き』の絵だったから、絵がないと生きられなかった洲之内徹のそばにあったのだと
思います。
世の中には2種類の、絵がなくても生きられる人と生きられない人というのがいて、
潾二郎の絵は、ある種の人にとっては水や空気のように何気なく、でもないと困るものなのです。
そのことは、ほんとうは持ってみればいっそうはっきりと分かるはずだけれど、
それがとても叶わぬことなのは、私にはとても残念なことなのです。

あの日私は、確かに『絵描き』だった潾二郎の絵に囲まれ、専門家でありながら
絵がなくては生きられない種類の人々、原田光さん、土方明司さん(土方定一氏のご子息だそうです)
の声に聞き入りました。
帰り道、陽射しと風の強い雨上がりの午後、平塚の街がきらきら輝いて見えたのが不思議でした。

- よい画はその周囲をよい匂いで染める。
  よい画は絶えずよい匂いを発散する。
  よい匂い、それは人間の魂の匂いだ。
  人間の美しい魂の匂い、それが人間の持つ最高の宝である。
                    長谷川潾二郎     - 

blog 5695 blog 5697
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
絵のこと | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
いい時間だね・・・
実りのある時間を過ごせたみたいで良かったね。
世の中には、いろんな世界があるんだなぁ~
自分だけのアンテナでは引っかからなかったと思うけど、
おかげさまで絵のアンテナもちょっと広がってきたわ ♪
ごろってくつろぎながら、絵がそこにある生活って気持ちよさそう・・・


りぃこちゃんへ
ほんとに世の中にはいろんな世界があるよねぇ~。
私も絵は好きだったけど、病気しなかったらこういう見方はしなかったと思うもの。
よく「恋はするものじゃなくて落ちるもの」とはいうけど、
私と絵との本当の出会いは出会い頭の事故みたいなものだったよね。
(りぃこちゃんとうろついている時だった・笑)
奇特なのんちゃんも無理やり?アンテナ広がってるよ。
そんな訳で昨日もちょっとした悪事を。。。ふふふ。
お久しぶりです☆
ミケアさん、とってもお久しぶりです。
ブログを再開されていることは3月くらいに知ったのですが、
驚きやうれしさやそう言ったものがいっぱいになってしまって。
なかなか上手にコメントを書くことが出来ずに書いたり消したりしているうちに、6月になってしまいました。

骨董や絵のことを書いているミケアさんの文章、とっても大好きです。私自身は絵のことも骨董のこともわからないのですが、それでも自分の世界が少し広がったような気がします。

また遊びに来るので、これからもよろしくお願いします♪

シクラメンさんへ
お久しぶりです~、こちらこそご無沙汰しております♪
遊びに来てくださってとってもうれしいです!!
最近スーパーに梅が出始めて、シクラメンさんのことを
考えていたのに、私のほうこそほんとに腰が重いことで。。。
こんな感じできっとマイペースになっちゃいますが、
これからもよろしくお願いします♪

骨董や絵のこと、なかなか人様に伝わるようには書けないのですが、
色んなことに感動したり夢中になったりできる自分になったことがうれしく、
できるだけ自分が感じたことを忘れずに書きとめておきたいなと
思っています。
大好きと言っていただけるなんて気恥ずかしいですけど、すごくうれしいです。
感動できる1日1日を大切にしたいですね。

管理者のみに表示