2010/06/23.Wed

英国の香り(和製スリップウェア!?)

blog 5850

お友達のブログで美味しそうなパンの画像を見てこれを思い出しました♪
見つけたとき、これで美味しいパンが食べたい!という気持ちがムクムク湧いたお皿です。
それも普段食べるへなちょこなトーストではなく、ずっしりしたハード系のパンなどなど・・・。
手に取るとなかなかどっしり、土っぽい雰囲気のあるお皿なのです。

残念なことにとにかく朝の弱い私なので、平日はトーストをやっとの思いでもそもそ食しています。
そんな毎日のお供は昔買った丹波のお皿、淡い緑釉に型抜きされた猫がワンポイントの癒し系。
あと一枚、たまの日曜におごそかに取り出して使う、これも現代物の木のお皿は、
思い出のある大切な一枚です。
と言うわけで、もうそんなに要らない筈だったのですが、このお皿のなんでもない姿は、
なかなか貴重に思われたのでした。

民芸運動の伝統が今も息づいている、山陰あたりの産かなぁ・・・と眺めていると、
「これは京焼やで」と聞いてびっくり。京焼って薄作りで雅やかなあの京焼???
裏を見ると、確かに素地に印が押してあって「京 有手」とあります。
結構古いというのは売り手の弁で、京焼が民芸のものを作っていたというのなら、
それって柳宗悦や河井寛次郎なんかが活躍した時代からそう遠くもないのかもしれません。
こんなクロスの上に置いてみると、気のせいかちょっとハイカラな、英国あたりの香りが
微かに漂ってくるような気になります。
それは、まだ若々しかった民芸運動の香りなのかな。。。

そんな訳で、明日はしっかり起きるぞぉ!と決意したお休みの前の日は、
このお皿に似合いそうなパンを色々買ってきて、爽やかに目が覚めることを祈る私なのでした。

blog 5847 blog 5849
(直径:17.8cm)
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
ミケアさん、こんにちは。

お皿、しっかりした感じのパンを食べるのに良さそうですね。白パンとかがいいかな~。
お皿の色も、パンの色もはえそう!

先日、図書館で「器つれづれ」という白洲正子さんの本を見つけ。
ミケアさんのいっていた赤と黄色の氷コップはこれかな~??と本を眺めてきました。
吹きガラスのもの、高いものはびっくりするほど高いんですね.
でも、きっと実際目にすると、ほれぼれするほど素敵なんでしょうね。

シクラメンさんへ
こんばんは♪
シクラメンさんみたいに自分でパンを焼いて載せたら
さぞかし楽しいだろうなぁ、と思いつつ思うだけの私です(笑)。
でもこのお皿は買ったパンも美味しく見せてくれますよ♪

赤と黄色の氷コップはその「器つれづれ」に載っているものです!
あの写真に写っているガラスの質感がすきなんですよぉ。
私のオタクっぷりに関心を示していただいてうれしいです!
お皿がメロンパンに見えてきました^^
パンには真っ白なお皿という固定観念がどこかにあって、なるほど!と思いました。

これで朝食がしっかり摂れるといいですね♪
ミケアさん、こんにちは。

ブログを引っ越ししたので、お知らせに来ました。
もしよかったら、新しいブログにも遊びにきてくださいね。

また来ま~す!
サラリさんへ
「メロンパン皿!」いいですねぇ~今度からそう呼ぼう(笑)。
不思議なもので平日はいやいや朝ごパンなんですが、
お休みの日はほいほい食べています・・・ガキ並みですね!!
シクラメンさんへ
こんばんは!
お知らせありがとうございます♪
では、さっそく遊びに伺いますね~。

管理者のみに表示